notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 23日

里帰り。

記録によると最後にカナダに行ったのは2006年の2月。

12年弱ぶりの里帰り。

英語もろくに喋れないのに18歳で1人、緊張で吐きそうになりながら乗り込んだ2002年の6月2日。

違う世界に行きたかった。

そのまま2年間カナダで過ごし、その後の人生の方向性がなんとなく決まった。

ウチの人生にとって最も重要な時期だったと思う。

6月2日は今でも自分にとって誕生日よりも大切な日。

カナダはネパールと同様に自分にとってとても重要な国なのです。


そんな心の故郷とでも言うべき場所に10年以上ぶりに帰るんだから、そのドキドキ具合ったらやばかった。

東京から最安の四川航空でバンクーバーまで乗り継ぎ2回で計30時間以上。

安い四川航空だからという訳ではないけれど、めちゃくちゃ揺れた。

人生初、エチケット袋のお世話になった。

去年あたりから、人生初のひどい船酔いといい、三半規管が敏感になってきているんではないかと不安になるけど、CAさんたちも機内食配りを中断して荷物棚にしがみついたり、ジェットコースター状態で周りから悲鳴が聞こえたりと、思い返しても今までで一番スリリングなフライトだったと思う。

無事カナダに着けて本当に良かった。


空港には友達が迎えに来てくれた。

10年以上も会っていないのに、カナダに行くよ!って行ったら、いつ!?空港まで迎えに行くよ!って割と距離も離れてるのに言ってくれる友人に泣けてくる。

空港で感動の再会。

と思いきや、なんだか不思議な感じで割と冷静。

だって全然変わってないんだもん、一緒に働いてた13,4年前と。

空港に迎えに来てくれたメリッサはカナダでの2年間のうち一番長く一緒に働いた。

最初のバイト先のレストランで、全然英語喋れないウチにずっと話しかけてくれて、すごく良くしてくれた。

2年目、次の仕事を探してた時、たまたま彼女も仕事先を変えて新しく働き始めたレストランで、オーナーにウチを紹介してくれて、また一緒に働けることになった。

そんな面倒見の良い彼女の住むスカミッシュという町まで空港から1時間半のドライブ。

話が尽きない。

彼女の家に3日間お世話になった。

あいにく毎日雨だったんだけど、合間合間にいろいろ連れ出してくれた。
c0146526_07484785.jpeg
c0146526_07482538.jpeg
c0146526_07475479.jpeg
c0146526_07472585.jpeg
森の感じからもよく雨が降るのがわかる。


時間が過ぎるのはあっという間で、すぐにまたバイバイ。

次は10年以内にまた遊びに行くよと約束した。


次はバンクーバーにとりあえず1泊。

2002年、2ヶ月だけ住んだバンクーバー。

住んでたアパートやら当時よく通った中華料理屋やコンビニを記憶を頼りに巡った。

ちゃんと覚えてるもんだねー。

18歳だった当時の気持ちまではっきりと思い出せちゃうもんだから、なんだか甘酸っぱい気持ちになる(笑)。
c0146526_07441028.jpg
c0146526_07434401.jpg
アフリカで会った友人との再会もあり、彼女のお誘いで、人生初、ちょうどバンクーバー公演が始まったばかりだったシルクドソレイユを観に行ったり。

高かったけど大満足!

そして紅葉真っ只中のBCを後にして、いざアルバータへ。


約15時間のバス移動の後、まず最初はレイクルイーズ。

昔ウチが住んでたのは同じアルバータ州のバンフって町なんだけど、その時のボスのリサが今はレイクルイーズで自分のカフェをやってる。

2年間ほぼずっとバイトを掛け持ちしてて、メリッサと一緒に働いてたとこと別でこのボスのもとで1年半働いた。

またお家にお世話になる。

ウチよりデカイかもしれない、でもおとなしくて人懐っこい2匹の犬がいる。
c0146526_07424790.jpg

レイクルイーズはこんな感じ。
c0146526_07431219.jpg
初日は雪降ってたけど2日目は晴れた!

カナディアンロッキーの中にいると帰ってきた感がどんどん湧いてくる。

そしてとうとう故郷バンフ。

バンフの町から見える山で一番好きなランドル。
c0146526_07414446.jpg

バンフのメインストリート。

正面の山がカスケード。
c0146526_07390397.jpg


新しいお店もちょこちょこ出来てるけど、全体的には記憶の中のバンフとほぼ変わってない。

メリッサと一緒に働いたレストラン、マグパイとコヨーテ。変わってない。
c0146526_07384321.jpg
c0146526_07382335.jpg


ここがかつての職場兼家。
c0146526_07422190.jpg
このホステルに住み込んで、併設のレストランでキッチンマネージャーだったリサの元で1年半働いた。

言いたい事が言えなくて、自分の英語力のなさが悔しくて、何度も泣いたなー。

10代。若かったなー(笑)。


昔と全く変わってないレストラン。
c0146526_07370715.jpg
盛り付け方も全く変わってない朝ごはん。
c0146526_07365038.jpg

ウチ、今すぐにでも即戦力になれますけど(爆)。

事情を話してキッチンの中に入らせてもらった。

そう、最初、まったく英語が喋れなかったから、ここで皿洗いから始めた。
c0146526_07373662.jpg

慣れてきてからは、調理、接客、発注からすべて1人でできるようになった。
c0146526_07375067.jpg
キッチンの中も昔のまま。

なーんも変わってない。

メニューもほとんど変わってない。

うん、やっぱり今すぐにでも働けますけど、ウチ(笑)。



ありがたい事に、ウチのことを覚えてくれてたマネージャー陣のおかげでVIP待遇。

ドミトリーに普通にお金払って泊まるつもりだったのに、シングルルームにタダで泊めてもらえることになった。

泣ける。もー感動。


この山の上にあるホステルで朝働いて、夕方からはダウンタウンにあるマグパイで働く。

バスもあるけどお金節約のために毎日歩いてた。

これ通勤路。
c0146526_07411179.jpg

晴れたから近所まで散歩。
c0146526_07361153.jpg
c0146526_07355213.jpg

友達が働いてたこのホテルもよく遊びに行った。
c0146526_07363068.jpg

近所のトンネルマウンテンにも登った。
c0146526_07401024.jpg
c0146526_07402919.jpg
バンフの町並み。
c0146526_07394953.jpg

ここに2年住んでたんだよ、ウチ。
c0146526_07392859.jpg

こうやって写真を見返すと凄いとこに住んでたなーって思うよね。

贅沢な生活だよねー。


庭にエルクが草食べに来たり。
c0146526_07353406.jpg
c0146526_07350825.jpg


バンフ最終日は夕焼けも極上で。
c0146526_07345290.jpg

かつての仕事仲間とディナーに行ったり。


たまには帰ってこないとダメだなとしんみり思った里帰り。

バンフを出発する日の朝やけに後ろ髪引かれまくりながら故郷を去ったのでした。
c0146526_07343332.jpg

バンフから、別の友人を訪ねエアドリという町に2日ほど滞在し、飛行機でトロントへ。


空港にはまたしてもお迎えが来てくれ、なんだかほんとにVIP気分。

トロントでもバンフ時代の友人の家にお世話になり、子供と一緒にハロウィンを過ごした。
c0146526_07341647.jpg

また別の日には近くの町に住む、ホステルでリサの元で一緒に働いた友人を訪ね、今回のカナダ滞在が終わった。

今回は都合が合わずに会えなかった友達もいるけど、なんと12人にも再会できて大満足。

10年以上経っても連絡を取り合っていれたことに、Facebookに感謝するしかない(笑)。

そして3週間のうち、バンクーバーでの1泊以外、宿代が一切かかっていないことも友人皆に大感謝。


もーカナダ最高ー!!カナダ大好き!!

また近いうちに絶対帰ってこよう。

旅が終わったら、日本に帰る前にカナダに寄ろうと誓ったのでした。

[PR]

# by aya-papaya | 2017-11-23 07:42 | カナダ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 29日

長〜い一時帰国。

ブログサボりすぎて存在忘れそうになったけど、ちゃんと生きてます。

バンコクで元教え子達の成長した姿に一喜一憂して、2年ぶりに日本に帰国しました。

アフリカからバンコクに着いて、コンビニの煌びやかさに感動し、治安の良さに感動し、バンコクから日本に帰ってきて全てのクオリティの高さに更に感動しました。

携帯の契約でかなり手こずり、住民票入れるのに一度役所で断られ、マイナンバーも電話もないからバイトもできず、ウチ日本人なのに、日本で生活するための基盤が何もかも揃えられない事に絶望し、なんだか何もかもがめんどくせーと思ってしまい、今まで常に日本に帰国したい願望があったのに今回初めてウチは日本で暮らせるんだろうかという猛烈な不安に襲われ、涼しくなってきた銀行口座を少し潤そうと思ってた計画も全て投げ捨ててさっさと南米に逃亡してしまおうかと思ってしまったんだけど、チケット調べたら安いの全然ないし、そもそも日本に一時帰国する事を決断させた大事な大事な用事はまだ1ヶ月以上先で、それまでは南米には行けない事に気がつき、自分を落ち着け、どうにか住民票を入れ、マイナンバーというものを取得し、携帯も一応繋がるようにして、でもそれでもなかなかバイトが見つからず、開き直って兵庫、大阪、京都、岐阜と友達に会いにぶらぶら行って、そうこうしてる間に富士山の山小屋でのバイトが決まった。

という、一つの文に帰国後の2ヶ月半をまとめてみた。

うん、なんだかものすごくものすごく無駄の多い2ヶ月半だった気がする。


富士山でのバイトはなんだか長かった。


富士山という特殊な環境で、登山というよりは観光地で、登山客のマナーの悪さに辟易しながら、長〜い労働時間に休日もなし、なかなかハードでした。


思い返せばしんどかった事ばかり。


それでも毎日目の前に広がる絶景に癒されながらやり遂げた2ヶ月間。


仕事中ササっと携帯で撮った写真を見返しながら、どれだけしんどくてもストレスフルでも、この景色を見るためにやる価値はあると思えてしまう。


雲海マジック。


山の景色を毎日眺められる事はあっても、雲海を毎日眺められることってあんまりないもんね。

でも本当に富士山に来る人はもうちょっと準備してきてほしいよね。

水道も電気も通ってない山に登るという自覚、山小屋はホテルではないという事、高山病の知識。

1日の登山客が10人で、その中の一人だけが嫌な人だったらこっちも気にしないでニコニコしてられるけどさ、1日1000人の登山客が昇ってきてその中の100人が嫌な人だったらさすがにこっちもイライラしちゃいますよ。


それで富士山の山小屋は従業員の感じが悪いって言われてもどーぞ勝手に言っててくださいってなるよね。


悪循環。


それでもどれだけサービスが悪くても客数が減らない富士山という特殊な環境も変だしね。


もう長〜いことずっと、表に出る仕事をしてこなかったけど、今回15年ぶりくらいにお客さんと直接関わる仕事をして思った。


世の中まともな人って少ない。いい人ってホント少ない。

やっぱ人間嫌い。


でもステキな人も中にはいて、人と関わることが楽しいと思える瞬間もある。ごく稀に。


久しぶりにこれでもかってぐらい人と関わった。


いろいろと勉強になった。

いい経験になった。

またやりたいかって聞かれると、できればやりたくないけれど、面白い人たちとの数少ない出会い、絶景、そして収入はやっぱり魅力的なのです。


そんなこんなで気がつけば、今までの一時帰国の中で最長の日本滞在になってた。

まー富士山は外国人むっちゃ多いから喋れる外国語ぜんぶ駆使したし、日本にいた感覚ではないけれど(笑)。



そして次の行き先はカナダに決まった。

カナダはゴールのはずだったけど、南米行きのチケットがカナダを経由するのが安かったから、行っちゃうことにした。

10年以上ぶりのウチの第2の故郷。

今からドキドキが止まらない。

[PR]

# by aya-papaya | 2017-09-29 18:01 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 14日

アフリカ締め

気がつけば1年と10ヶ月もアフリカにいたらしい。

ケニアが8ヶ月とモザンビークが6ヶ月、その他16ヶ国が8ヶ月。

行く前は未知のエリアすぎてどうなる事かと思ってた。

半年ぐらいでエジプトから南アフリカまでサクッと下って、サクッと南米に行くと思ってた。

まさかこんなに長くいるとはなー。

ま、いつもの事ですけど。

前回一時帰国をした時に、あと2年でアフリカと南米回って帰ってくるなんて言ってたのに。

ま、きっとみんなどうせ戻って来ないでしょって思ってたんだろうけど。

はい、いつもどうしても計画通りに進めないアタイです。

計画通りに進めようと頑張ることもないアタイです。

っつーかそもそもちゃんと計画を立ててるわけですらないアタイです、はい。



アフリカの魅力ってなんか上手く言葉に出来ないんだけど、なんだろうね。

強いて一言で言うなら『パワー』かな。

生命力というかなんと言うか。

動物的本能に従って突き進む感じ。

駆け引きも無ければ裏表もなく、ただ本能に従うだけ。

だから時々、は?まじ有り得ん。と日本人的感覚では理解に苦しむこともありますが。

いや時々ではなく多々ありますが。

それでもその力強さにはただただ感服。

そんな単純なパワーが気持ちよく居心地が良かったのかなと思う。


もちろん国によってそれぞれの歴史があり、その影響もありそれぞれ特色があって、一言でアフリカと括るのは申し訳ないし、彼らもそれをよく思わないのだが、共通するのは生命力だと思った。


アフリカに貧困をもたらしたのは勝手にズカズカと入ってきたヨーロッパで、それまでアフリカには今のような貧困は無かったんじゃないかと思う。

民族間の争いはあったかもしれない。

それでも今よりもずっと平和に、自由に暮らしていたんじゃないかと思える。

歴史的な話をするほどの知識もないのでこれぐらいにしておくが、今あるアフリカという地域は、多くのマイナスの力が加わった上で、それを生き抜いた生命力が、自分たちの土地を、国を、再構築しようと今まさにもがいている、そんな場所だ。



今回は残念ながら西アフリカは予算不足で泣く泣く諦めたけど、いつか必ず行きたいと思う。

また違うアフリカを感じられることだろう。



なんか暫くブログをサボってコラムなんて書いてたもんだから口調がおかしくなり気味な今日この頃。

なのでこの辺でやめます。


ちなみに現在地はバンコク!何年ぶりのアジアだろう。

[PR]

# by aya-papaya | 2017-04-14 21:04 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 08日

里帰り。

当初は3ヶ月の予定だったんだけど、もうしばらくモザンビークにいる事になりまして。

本当はアルゼンチンあたりで年越しの予定だったんですが、なぜかまだアフリカにいます。

人生初のクリスマスホリデーというものが発生しまして、急遽ケニア行きを思い立ち、ハイシーズンで航空券なかなかのお値段でしたが、思い立ったらもうその時点で心はケニアに飛んでいってしまい、他の選択肢が見えなくなってしまったので、ケニアに行ってきました。

ヨハネスブルグ発、ルワンダとウガンダを経由して8ヶ月ぶりに降り立ったナイロビ。

あーーー帰ってきたーーー。

帰って来たと思える場所があるのはいいことなんですが、こうも世界中に帰る場所がたくさんあるのはなかなかに辛いものです。


8ヶ月ぶりのマトマイニ。

良くも悪くも8ヶ月前と全然変わってなくて。

落ち着くーーーーー。

8ヶ月ぶりに帰って来た気が全くしない。

毎日変わらずずっとここにいたような気になる。

マトマイニマジック。
c0146526_22263126.jpg
c0146526_22233370.jpg



子ヤギのタカが大きくなってた。

呼んだら来るし、撫でると気持ちよさそうにするし、こいつはヤギに見えるけど中身は犬だと思う。
c0146526_22230296.jpg



エスタとパンを焼いてみた。
c0146526_22161267.jpg

初めてにしてはかなり上出来でしょう。
c0146526_22185540.jpg
c0146526_22192735.jpg
c0146526_22200978.jpg



モニカのキーホルダーは進化してニューデザインが増えてた!
c0146526_22150135.jpg



ポリンのゴリラは相変わらずパーフェクト!
c0146526_22265946.jpg
生みの親としては嬉しい限りです。




全然ケニアじゃないけど、モザンビークの仕事場が魚市場だからっていう理由だけで、魚作ってみました。

新しいマトマイニファミリーです。
c0146526_22204212.jpg


あっと言う間の2週間。

次はいつ帰れるのかわからないホームを後にして、モザンビークに戻ります。

[PR]

# by aya-papaya | 2017-01-08 23:47 | ケニア | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 27日

モザンビーク。

しばらく更新してませんでしたが、ちゃんと生きてます。

なぜかモザンビークで日本食屋やってる今日この頃です。

ここで日本クオリティを求めるのは間違っているのは分かってるんですが、できる限り頑張ろうとして結局ストレス溜まる一方な今日この頃です。

これだけ日本から離れてて言うのもなんですが、やっぱりウチは根っからの日本人だと思う今日この頃です。

自分の思う日本人像が世間一般の日本人像とかなり違うんではないかと思ったりする事もありますが、新渡戸稲造の武士道を読むと、やっぱり日本人というのはこういうものなはずなんだと思わせてくれる今日この頃です。


あ、でももちろんそれなりに楽しんでますよ。

限られた環境と食材ではあるけど、毎日いろいろ作れるのはやっぱ楽しいしね。



もう結構前になるけど、養護学校に連れてってもらった。

公立でそういう学校があるっていうのがすごいよね。

なんでも障害者と健常者が将来的に違和感なく問題なく一緒に生活していけるようにという目的なんだとか。

なので普通の子もいれば、目の見えない子、耳の聞こえない子、知的障害、ダウン症の子と様々。

みんなが一緒に授業を受ける学校。

例え授業が遅れても、共同生活が第一目的なので勉強はとりあえず二の次でいいんだそうだ。

まぁそれはそれでいいのか?!と思うけど、とにかくこんなコンセプトの、しかも公立の学校がある事に驚いた。


日曜日だったので、その日いたのは学校に住んでる数十人の子たち。

相変わらずポルトガル語は会話もできないけど、その子たちのほとんどは耳が聞こえないし喋れないというので、ポルトガル語問題は即解決。


子供達が何十人もいたらさー、普通超うるさいじゃん。

泣き出す子がいたり、ケンカ始まっちゃったり、ヒートアップしてとにかく声でかいし。

でもさ、ここの子供達、静かなんだよ。

ちょっと喧嘩するにしても手話だしね。

子供達がウジャウジャいるのに静かってなんか不思議ー。

こどもたちは忙しなく動き回ってるけど、静かってだけでなんだかゆっくりゆったりしてる気分になるのはなんでだろう。

不思議な空間、不思議な時間。

なんだか居心地良かった。

c0146526_16304857.jpg
c0146526_16313393.jpg
c0146526_16324364.jpg
c0146526_16334396.jpg
c0146526_16343780.jpg
c0146526_16372487.jpg
c0146526_16382553.jpg
c0146526_16395514.jpg

[PR]

# by aya-papaya | 2016-11-27 05:12 | モザンビーク | Trackback | Comments(0)