notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 17日

ウクライナ 愛のトンネルへの行き方。

キエフから往復する場合


まずリウネ(リヴネ、英語RivneもしくはRovno、ウクライナ語Рівне)という街まで行く。

直通電車は1日2本ぐらい。当日買おうとしたら満席でダメだった。所要6〜7時間。値段は未確認。

キエフのセントラルバスターミナルからバスがあるかも?でも予約は出来ないと思う。80〜100グリヴナぐらい。

一番確実なのは、キエフ中央駅前、もしくは駅から100mぐらい真っ直ぐ行ったとこにあるマルシュルートカ(ミニバス)ターミナルから出てる、マルシュルートカで行く。

フロントに「Рівне」って書いたボードを置いてるからわかりやすい。

値段は100〜150グリヴナ、所用約4時間。

満席になり次第出発だけど、1時間も待たなくていいと思う。

かなり早朝から夜遅くまでいると思う。


バスもマルシュルートカもリウネのバスターミナル(Автовокзалアフタヴァクザール)着。

着いたら前の大通りを反対側に渡って、Вокзал(ヴァクザール:電車の駅)行きの路線バスなり路線マルシュルートカに乗り込む。たしか64番、32番とか、けっこういっぱい駅行きがあるからВокзалって書いてあればどれでもOK。ちなみに駅は終点。マルシュルートカは2グリヴナ、バスは1,5グリヴナ、所用15分ぐらい。

駅に着いたら、駅の向かいにある近郊バスターミナルへ。

1404番のКлевань(クレヴァン)行きのマルシュルートカもしくはミニバスに乗る。

乗る時に、一応運転手に愛のトンネルに行きたいと告げるべし。

ウクライナ語でТунель кохання(そのまま愛のトンネルって意味) 発音は自信なし。紙に書いておいてさっと見せるべし。

7,5グリヴナ、所用約45分。

一応トンネルはクレヴァンにあるみたいだけど、終点までは行かないので、運転手や周りに乗ってる人にアピールしましょう。

ここよ、って教えてくれます。

ちなみに、マルシュルートカ、満員でした。ぎゅうぎゅうでした。


降りたら、今度は15分ほど歩きます。

走ってきた道を振り返ると、工場らしきものが見えます。

トンネルは、その工場の裏側なんだけど、工場を突っ切ることは出来ないので、反時計回りにぐるっと回らなければいけません。

とりあえず工場まで真っ直ぐ歩いて、突き当たったら、右、そのまま道なりにぐるっと工場を半周しましょう。

工場の反対側に着いたら、そのまま真っ直ぐ。

すると線路が見えてきます。

これか!?と思うけど、残念ながらそれじゃない。

線路を越えてもうちょっと進むと、ようやくトンネル到着。

あんまりひと気はないけど(笑)、人がいれば、みんな知ってるので、ジェスチャーで教えてくれます。

真っ直ぐ行って、右にまがって、ぐるーっと左に行って、って感じで。


帰りは同じ道をキエフまで。

ちなみにウチは、リウネを夜の8時過ぎに出て、キエフに深夜到着して困りました。

駅で朝まで待とうと思ったのに、ホームレス対策か、追い出されます。

駅前のマックも1時で閉店だし。秋以降は寒いです(笑)。


キエフからは気合があれば朝早く出て日帰りも可能。




リヴィヴから行く場合

ポーランドからリヴィヴ、愛のトンネル、キエフと抜ける場合。

リヴィヴもいいとこでしたよ、安い宿あるし。ご飯がキエフより断然安かった!

ウチはクラコフからバスでリヴィヴに行きました。

リヴィヴ(英語Lviv、ウクライナ語Лвів)

夜10時発、朝の6時着。1時間の時差あり!まだ5時じゃん!と思ったら6時でした。

ちなみにリヴィヴのバスターミナル、wifiサクサクです。


リヴィヴからリウネはバスあり。でも値段、本数等未確認。

リウネからリヴィヴ行きのバスは確か一日数本だったと思う。

マルシュルートカは何本もあるから大丈夫だけど、マルシュルートカの出発地点は未確認。たぶんバスターミナル。

リヴィヴからリウネへの電車は 9:51発 12:23着 と、 17:15発 19:49着の2本。52グリヴナ。

9:51発ので、出発30分前に問題なく切符買えました。

リウネに着いたら、↑のキエフからの行き方参照。


逆ルート、リウネからリヴィヴへの帰りの電車は、6:45am発 9:28着 と、13:40発 16:20着。

なので、リヴネからの電車での日帰りは無理です。バスかマルシュルートカなら可能。


ちなみに、リウネはけっこう大きな街なのでホテルもいくつもあるけど、ドミトリー系の安いとこはなし。最安でも€25ぐらいします。

リヴィヴからキエフへの途中、もしくは逆ルートで愛のトンネルへ寄る場合、リウネの駅に、荷物預かり所あります。

荷物預かり所はロシア語で「カメラ・ハラニーニャ」。駅の売店のおばちゃんにでもカメラハラニーニャ?なんて聞けば教えてくれます。

ちなみに、駅のホームにあります。

大きいバックパックを1日預けて8グリヴナでした。


以上、とっても素敵だったので、チャンスがある方はぜひ行ってみてください!!

ネットで見るのは緑の写真がほとんどだけど、10月はバッチリ紅葉で、黄色のトンネルでした。

楓の木がたくさん。

メープルシロップの匂いがした!!マジで!!誰かがホットケーキでも焼いてるのかと思った!
c0146526_5401398.jpg

[PR]

by aya-papaya | 2013-10-17 05:41 | 中東欧 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/20846136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< キエフでベラルーシビザ。      まとめてポーランド。 >>