notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 27日

バルセロナ続き。

サグラダ・ファミリアでの失敗を教訓に、カサ・バトリョとカサ・ミラのチケットをオンラインで予約。

おかげで翌日はわりとスムーズに動けました。

みなさん、バルセロナのガウディ建築は全てネット予約をオススメします。

じゃないと1日の大半を無駄にすることになりますよ!


カサ・バトリョ。
c0146526_07104306.jpg
c0146526_07110747.jpg
c0146526_07112794.jpg
c0146526_07114441.jpg

カサ・ミラ。
c0146526_07120678.jpg
c0146526_07122345.jpg
c0146526_07130122.jpg
c0146526_07132020.jpg
c0146526_07133986.jpg
c0146526_07135285.jpg
やっぱりガウディ氏は天才です。

奇抜なだけのデザインではなくて、どこまでもとことん計算され尽くしたディテール。

すごいとしか言えません。


最終日、午前中久々に青空が見えたのでルンルン気分でグエル公園へ。

がしかし、そんなルンルン気分も速攻消滅。

ウチの持ってる情報では公園は無料なはずなのに、肝心な中心部がフェンスで囲まれチケットオフィスと見慣れた長蛇の列が…。

なんと去年から有料になったとの事…。

しかもやっぱり入場制限付きです…。

今買えるチケットは16時以降。

その日の夜行バスで出発しなきゃいけないから断念…。

もーーーっ!!

無料だったのがいきなり8€ってどーよ。


結局ガウディ建築3つでタイムアウト。

不完全燃焼です。


西ヨーロッパではかなり物価の安いスペイン。宿だってドミなら10€しないし、レストランでも安めなら10€ぐらいでワイン付きディナーにありつける。

それに比べるとガウディ建築の入場料は異常に高い。

さらに入場者数はとんでもない数。

そんだけのお金が集まってるならサグラダ・ファミリアはもうとっくの昔に完成しててもいいと思うんですが…。

どこに消えてるんでしょうねぇ。

無駄に多い、働かないスタッフたちの給料ですかねぇ。

それでも見る価値はもちろん十分あるんだけどね。


この不満は、後日、念願のグエル公園を訪れた時にさらに感じましたが。

触っちゃいけないとか、座っちゃいけないとか、見るためだけの建物や家具をガウディが作りたかったとは思えないんですが、ウチ的には。

うーん、でもやっぱり見れただけでも満足です。

[PR]

by aya-papaya | 2014-10-27 07:44 | スペイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/22901123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< カミーノ再開。      バルセロナ。 >>