notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 23日

メケレとダナキルツアー申し込み。

ダナキルツアーはEthio Tours(ETT)で申し込んだ。

ドイツ人とこはオフシーズンのため今はツアーをやってないとのこと。

初日ETTにさらっと偵察に行ってみた。

3泊4日ダナキルツアー、定価$600。

2日毎にツアーは出発してるとのこと。

学生割引で$500にしてあげるけど、今はオフシーズンで人が少ないからこれ以上は下げられないわ、と最初にきっぱり言われてしまった。

情報ノートが置いてあると聞いていたけど、どうやら古いのはどこかに行ってしまったらしく、新しいゲストブックが置いてあったけど、ほとんど書かれていなかったので、あんまり役には立たない。

けど、評判は悪くないっぽい。

その日の朝ツアーが出発したので、次の出発日は明後日とのこと。

$500かぁ〜と悩ましい空気をムンムンに醸し出させつつその日は撤退。

ドイツ人とこはやってないし、行くならETTしか選択肢はない。


翌日気合を入れて再びETTへ。

$400なら行く!とウチ。

だから昨日も言ったけど今はオフシーズンで人が少ないから、ピークシーズンだったら$400も可能だけど今は無理よ。とお姉さんキッパリ。

ダメかぁ〜。仕方ない。

じゃあ$450!これ以上は払えない!とダダをこねるウチ。

はぁ〜。ボスに電話して聞いてみるから待ってて。とお姉さん。


結果、特別に他の誰にも値段を教えないという条件のもと、$450で行けることになりました。

って値切り成功した人みんなに同じこと言ってるみたいだけど。

まぁそれでも、$500までしか下げられないわ。無理なら辞めれば?と言われてれば、あぁごめんなさい!行きます!$500で行きます!と慌ててたところだけど。

$450はまぁOKでしょ。

交渉次第で$400まで下げれた人もいたので、強気で行きましょう。




持ち物。

必要なもの :
靴、ビーサン、懐中電灯、着替え(1セットで充分)、歯ブラシ、カメラ、予備バッテリー、帽子、タオル、トイレットペーパー。

あると便利なもの :
・ウェットティッシュ(3泊中シャワー浴びれるのは1回だけ)
・シャンプー、石鹸(シャワーと言ってもバケツの水をカップですくってかける水浴びタイプ)
・スカーフのような顔を覆えるもの(硫黄泉は匂いが半端ない。マスクどころじゃ防げない)
・日焼け止め(気になる人は。陽に当たる時間はそんなに長くない)
・虫除け(蚊はいなかったけど、ダニや南京虫の被害にあった人がいた)

この時期、夏のダナキルは暑すぎて、防寒具なんてものはいりません。

日中は常に40℃後半。

寝袋は貸してくれます(運悪ければ虫付き、ウチは暑くて一度も使わなかった)。



ツアー中の移動は基本車なので、まぁ余分なもの持ってったとしても車に置いとけばいいだけだから困らないけどね。



食事、飲み水に関しては全て込み。

暑さのせいで食欲ゼロの周りの人たちをよそに、ひたすら食べまくったった。

よくそんなに食べれるねと、軽く呆れらながらも、いっぱいあるんだもん、食べなきゃね。

ご飯には期待できないって聞いてたけど、いや、全然美味しいよ。量も大量。


コーラやビールは買えるとこでは買える。それは実費。

ウチはジュースもビールも飲まないので、ツアー中、まったくお金使いませんでした。



メケレで泊まった宿

Merkeb Hotel
街中のバスターミナルを出て右斜め向かいぐらい。

シングル130ブル トイレ・ホットシャワー付き、トイレットペーパーと石鹸もくれる。 部屋もキレイ。ベランダあり、日当たり良し。

シングル100ブル トイレ、水シャワー共同。




Dallas Hotel

街中のバスターミナルを出て左手に5分ぐらい。

シングル150ブル トイレ(便座なし)、ホットシャワー付き(と言いつつ水しか出なかった。さらによく水が出なくなる。頭洗ってる途中で止まってすごく困った)。
部屋は汚くはない。蚊が多かった。蚊帳なし。部屋は窓なし、中庭あり。

シングル100ブル トイレ、水シャワー共同

シングル250ブル トイレ、ホットシャワー付き 部屋きれい。

Wifiありなのがデカい(停電時以外は問題なく使える。速度は期待しないほうがいいけど、それはどこも同じ)



って感じです。

Wifi使いたければDallas、ホットシャワー浴びて快適に過ごしたいならMerkebかな。



なんでダナキルもメケレも歩き方に全く載ってないんだろうねー。

メケレ大きな街だけど人もうざくないし居心地いいよ。

物価も安いしね。

メケレだけで5泊もしちゃったし。

[PR]

by aya-papaya | 2015-07-23 19:21 | エチオピア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/24439672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ダナキルツアー。      エチオピアスタート。 >>