notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 17日

お花畑と喜望峰。

行きたいけど半ば諦めていたナマクワランドに行くメンバーが運良く見つかった。

大学生2人とウチ。

平均年齢グッと若い(爆)。


朝ケープタウンを出発して、走る事6時間。

ようやくナマクワランドの入り口に到着。


インフォメーションでどこで花が見れるか聞いてみると、困った顔してToo earlyよ、と。

今年は雨がまだ少なくて全然花咲いてないのよー、と。

Too earlyなのはわかってるんです。

ピークは8月の終わりから9月にかけてなのは知ってるんです。

でもあと3週間も待てないんです。


早すぎると言っても、どっかしらは咲いてるでしょー。

1ヶ所だけ、そこそこ咲いてる場所があると言うのでそこへ行く事に。

ハイウェイから外れて未舗装道路を進む。


先の方にオレンジ色の一体が見えてきた!

咲いてるーーー!!

c0146526_14203740.jpeg

レセプションで国立公園入場料を払う。

レセプションの人にも言われた、Too earlyよ、と。


Too earlyでこれですよ。

c0146526_14224145.jpeg
c0146526_17394735.jpeg
c0146526_17405812.jpeg
c0146526_17415378.jpeg
c0146526_17422281.jpeg


満開の時は一体どうなってしまうのやら。


動物だっていますよ。



満足です。

でもいつか、超満開の時に行ってみたい!!


往復13時間、1人で運転してくれたヨシキ君、ホントお疲れ様でした。


次の日、いざ喜望峰へ。

端っこに特に興味のないウチは、最南端とか最西端とか別に特に魅力を感じず、ロカ岬も行ってなければ、アグラス岬も全く予定にすら入っておらず、ましてや最南西端なんてなお一層興味ないんですが、それでも喜望峰は有名どころだし、とりあえず行っとかなきゃいけない場所な感じなので行ってきました。


おーここが喜望峰かー。


アフリカ大陸南下のゴール地点としてメジャーで、ここ目指してくる旅人にとってはとっても感慨深い場所なんでしょう。

がしかし、ウチはカミーノの時のサンティアゴデコンポステーラの時と同様、ここがゴールじゃなくてまだ先が続くんだよなーと、ゴールっぽさもなく、特に感慨深くなる事もなく。

でも景色は良かった。

c0146526_17455416.jpeg
c0146526_17471362.jpeg


帰りにペンギン見てー。

c0146526_17490737.jpeg
c0146526_17495281.jpeg

ついでにツリーハイラックスもいました。



2日間のレンタカーの旅終了です。

もう一度、1人でずっと運転してくれたヨシキ君、本当にお疲れ様でした。ありがとう!

そして誕生日に喜望峰の夢が叶ったはっちゃん、おめでとう!


[PR]

by aya-papaya | 2016-08-17 19:05 | 南アフリカ+レソト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/25906634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ケープタウン。      ナミビアを振り返る。 >>