notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 29日

レインボーマウンテン。

クスコから行けるレインボーマウンテンは2つ。

いつの間にか超有名になったVinicunca(Winicunca)。

レインボーマウンテンと言えばVinicuncaの事を指す。


でも実はもうひとつ、ウチもつい最近まで存在すら知らなかったけど。

こっちはPalcoyoという山。

VinicuncaとPalcoyoは直線距離にすると20kmくらいしか離れてない。


どっちに行こうか迷って2つのレインボーマウンテンの情報を比べてみた。


やっぱり有名なだけあってVinicuncaのほうがレインボーマウンテンとしては凄いらしい。

でも有名なだけあって人がうじゃうじゃいるから、どこから写真を撮っても人が入ってしまう。

でも人が多い分、ツアー料金は安い。

クスコの町中レインボーマウンテンのツアーだらけで、大きな差もないので決めるのが楽。

ただ朝がむっちゃ早い。

朝3時発とからしい。

朝と言っていいのか迷う時間。

そして、標高5200mまで3時間の山登り。


それに比べてPalcoyoは、山の規模自体はVinicuncaより小さいものの、7色の山がVinicuncaはひとつしかないのに対し、palcoyoは3つもある。

そしてまだマイナーなおかげで人が全然いない。

ただその分ツアー料金は高め。

扱ってる旅行会社があんまりない。

扱ってたとしても資料がなくて、旅行会社の人も詳細を知らないところもあった。

競争率も低いので値下げもないし、そもそも値段設定にかなりの差があるので時間をかけて何件か旅行会社を回って比べてみる必要がある。

Palcoyoは歩く時間が往復で合計1時間ぐらいなので体力的にかなり楽。

歩く時間が短い分、朝の出発時間も6時半と遅めで有難い。

そしてまだほとんど世間に知られてない場所に行ったと言う優越感が味わえる笑。



という事で、マイナーなPalcoyoに行ってきました。

入口でPalcoyoをどーんと推してて、写真付きで歩くルートなんかの情報もしっかりあって、ランチビュッフェ付き、入山料(10ソル)別で80ソルのとこにしました。

もうひとつ朝ごはんビュッフェも付いて100ソルのとこもあったけど、いくらビュッフェとは言え、20ソル分食べれないだろうと思ってやめました笑。



当日。

9人分のシートに対して旅行者6人。

広々快適な車。

2時間ほど走って、途中の小さな村で朝ごはん休憩。

商店で各々コーヒーとかフルーツとか買います。

ウチはしっかりクスコから持参。


車が山道に入ると両側見事な段々畑が広がる。

リャマ渋滞もある。
c0146526_12530538.jpg
c0146526_12530413.jpg


Palcoyoの村の入口で入山料を払い、さらに上へ。

駐車場で車を降りてここからはガイドさんと歩く。

ひたすら絶景。
c0146526_12530524.jpg


絶景の中機織り中のチョリータおばちゃん2人。
c0146526_12530677.jpg


天気良いけど、標高5000m、さらに所々立ってられないくらいの強風で耳ちぎれるかと思った。

ちょこちょこと何ヶ所もビューポイントがあるのでその都度写真を撮りまくる。

1つ目のレインボーマウンテン。
c0146526_12571671.jpg
c0146526_12530695.jpg


そして右手前が2つめ、左奥が3つめ。
c0146526_12571535.jpg
c0146526_12571752.jpg
c0146526_12571615.jpg


奥には霊峰アウサンガテを含む山脈。
c0146526_12530426.jpg


いやーカッコよった!

なんも写真いじってませんよ。

自然の色。


クスコまでの帰り道にようやくランチ休憩。

午後3時過ぎてたよね。

なのでおやつしっかり持参する事をおすすめします。


今回は時間がなかったのと、そもそも朝3時に出発する気力がなかったのでVinicuncaは行かなかったけど、そのうちそっちも行って知ったり比べたいね。

[PR]

by aya-papaya | 2018-06-29 16:09 | ペルー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/29604703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< カバナコンデでコンドルを拝む。      マラスの塩田。 >>