notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 30日

ボニート。

フォス・ド・イグアスからカンポ・グランジ経由でボニートに来まして。

噂のプラタ川のシュノーケリングへ行ってまいりました。


1時間半のシュノーケリング、送迎+ランチ込みでお値段なんと1万円。

更にGoProとか持ってないので、防水カメラレンタル1500円。

高ぇーよ。


朝7時にピックアップに来て、ボニート中の宿でピックアップしていくのでそれだけでなんだかんだ1時間。

片道約1時間、オウムの住んでる穴に寄って、ここは追加オプショナルなので、行かない人はただ1時間半ほど待つ。

オウム見に行った人たちが戻ってきてようやくプラタ川に移動。

手続きして、説明受けて、待つ。

ようやくウェットスーツに着替え、待つ。

トラックに乗って5分ほど走る。

それから川まで30分ほど歩く。

ようやく川に着いた。

全員が準備できるまで待つ。

ようやくシュノーケリングスタート。

川の流れに乗ってゆっくり流されていく。

はずが、なんかガイドも他の人も早いんですけど。

泳いでますよね?

泳がずゆっくり流されるだけじゃないの?

ってな感じでたぶん1時間ほどでゴール地点についてしまった。

1万円…。

またトラックに乗り込み施設に戻って来たのはすでに15時半。

ようやくランチ。

そしてひたすら自由時間。

といっても施設内ですることも無くただ出発を待つだけ。

早く帰ろうよ。

やっと出発して1時間かけてボニートに戻ってきたのはすでに夕食時。

待ち時間だけとにかくひたすら長かった。

疲れた。

別にお腹すいてないしさっさと寝ましたとさ。


なんだかとにかく無駄な時間が多かったなー。

半日で余裕で済むはずの行程なのに。


とまぁ、文章だけ見ると不満しかないですが笑。

水の中はキレイだったし楽しかった。


でもこれまた時期のせいか、どこまでも見えるほどの透明度はなく、このレベルなら地元岐阜の川のほうが勝ってるなぁと思いながらも、デカい魚がいっぱいいて、なんといってもこの水の青さはやっぱり他にはないなーと思った次第です。


子供の頃、岐阜の川で育ったウチは、どうも海が苦手であんまり海に入りたいと思わないんだけど、川でこれだけ魚がたくさんいてシュノーケリングできるってのは最高だね。

水がしょっぱくないって大事。


日焼け止め禁止のお陰で、1時間プカプカ浮いてたので、ウェットスーツから出てた足の裏側大やけどです。



写真まとめてアップ。
c0146526_08535531.jpg
c0146526_08535453.jpg
c0146526_08535770.jpg
c0146526_08535802.jpg
c0146526_08581311.jpg
c0146526_08581463.jpg
c0146526_08581560.jpg
c0146526_08581709.jpg
c0146526_09013687.jpg
c0146526_09013441.jpg
c0146526_09013884.jpg
c0146526_09013793.jpg

ムービーもあげちゃいますよ。


まーでもやっぱ1万円は高すぎ。

[PR]

by aya-papaya | 2018-11-30 04:04 | ブラジル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/29874879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


     ついにブラジル。 >>