notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 19日

偏った報道。

今回の事件でたくさんの人たちがチベットに少なからず関心を持ったと思う。

でもやっぱり報道は偏ってる。

今回、チベット人たちが暴動を起こしたのは事実。

ダライ・ラマ14世が訴えている「平和」にそむく行為。

だからそれを支持はしない。

でも、今までチベットが、チベット人たちが受けてきた扱いを考えると何も言えない。

49年前、チベットからインドに亡命せざるを得なかったダライ・ラマ14世と多くのチベット人。

チベット独立を訴えて政治犯として死刑を受けた僧侶達。

ポタラ宮の前に嫌がらせのごとくはためく中国国旗。

寺院は常に盗聴され監視されて、いたるところにスパイがいて、法王は政治犯とされ、写真を所持することすら禁止されて。

思っていることを口にすら出せない。

そんな中で49年も暮らしてきたチベット人たち。


武力行動を支持はしないけど、こんな抑圧の中で、それでも法王に対する信仰心を失わず、怒りを抑えて生きてくるのがどれだけ大変か。

今まで何人の人が投獄されて殺されてきたか。

チベット人たちの事を思うとホントに辛い。

ホントにいい人たち。心から平和を望んでる人たち。

早く平和になって欲しい。


FREE TIBET
[PR]

by aya-papaya | 2008-03-19 14:58 | 中国 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/8478450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆき at 2008-03-19 17:04 x
まずは、無事で安心しました。しっかり自分の目で見て確かめることがいかに大事か、あなたの言葉からとても良くわかります。若者が危険な所に出かけていくと、日本のマスコミは、「あんな危険なところに行くからいけないんだ!」と、その人を非難する世論を創り上げますよね。高遠菜穂子さんたちが、イラクで捕まった時がそうでした。でも、報道が本当に正しいのかどうか、そこに行ってみないと分かりません。あなたのように旅ができない私たちに、あなたの目で見て考えたことをいっぱい伝えてください。マスコミ報道ではなく、私はそれを信じます。
Commented by aya-papaya at 2008-03-19 21:00
>ゆきさん
見れるものすべて見てきます。
Commented by ゆき at 2008-03-21 10:58 x
報告楽しみにしています。でも、くれぐれも危険なことだけはしないようにしてくださいね。チベット暴動のその場にいたかったなんて怖いこと考えないで!私は、あなたがその場にいなくてほんとに良かったって思っているんですから。


<< ラサ      ネパールです。 >>