notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 12日

ご報告。

選挙もなんとか大きな事件にならず無事に終わったネパールです。
田舎のほうでは死者も出たらしいけど、ここカトマンズは選挙当日の10日はお店もほぼ全部閉まり、前日からアルコール類の販売もストップされ、町の中はたくさんの武装警察がいて、ウチは家から一歩も出ず、って感じで何事もなく過ぎました。
王政が廃止されてから初の選挙。今後ネパールはどう変わっていくのでしょう。

で、本題ですが、22日にカトマンズから香港に飛びます。
やっぱりどうしてもチベットが気になる。ラサはどうなってるんだろうと。
新華社通信の情報はまったくもってあてにならない。
なので、中国→チベットと戻る事にしました。

まず第一関門。
中国はオリンピックに向けてビザの発給を中止しつつある。オリンピックに向けて、外国人に国内に長くいられると困るらしい。で、香港でも4月29日以降中国ビザの発給がなくなるとか。それまでは3ヶ月ビザが取れることに一応はなってるけど、でも取れる保障はない。香港でもし万が一ビザが取れなければとっても困る。

そして一番大きな第二関門。
チベットに入れるのかどうかわからない!5月1日から観光業再開って発表はしたものの、その後またデモが起こって、5月1日も危うくなってきた。中国人は行けても外国人が入るのに必要なチベット自治区への入境許可証が発行されないかもしれない。
そんでもって今まで結構メジャーだった、闇バス等、許可証無しでこっそりチベットに入るルートも、おそらく人民解放軍及び国家警察の警備・検問がきびしくなってて難しいんじゃないかと。向こうも大分神経質になってるだろうから。そこは当たって砕けるしかない!

第三関門。
旅行者が極端に少ないと、車をチャーターしなきゃいけないときのメンバー集めが大変!さすがに一人でチャーターは高すぎるからね。だから同じ場所に行く人を集めて1台のランクルをチャーターするんだけど、日程上、メンバー集めが出来る時間も限られる。集まらなかったら泣く泣く諦めるか、泣く泣く大金をはたくしかない。

第四関門。
中国語は通じるけど、こうなった以上、中国語で話かけるのも気まずい。チベット語習得せねば!

第五関門。
これはどうにもできないけど、もし今後また大規模なデモが起こったらとっても厳しい状況になるわ。しばらくは近づけないかも。

と、いろいろと問題が山積みなかんじで、一つ一つクリアしていかないといけないの。
ま、なるようになる!!
とりあえず様子見がてら、チベット自治区以外の前回行けなかったエリアも観光してきます。
貴州省とかウイグル自治区とか。
なのですぐにラサ入りするわけじゃないので、ご安心を。
[PR]

by aya-papaya | 2008-04-12 17:26 | ネパール | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/8644642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねずみ at 2008-04-16 13:20 x
きのう、アフガンで井戸を掘っている日本人医師中村哲さんの話を聞きました。病気をなくすには、清潔な水を得るしかないと、現地の人たちと一緒に取り組んでいるということでした。その話の中にも、マスコミ報道がいかに偏っているかを思い知らされることがたくさんありました。実際に行って来た人から直接話を聞くことはとても大切なことだと思いました。あなたからの情報もそれと同じです。気をつけて無理をしないでくださいね。
Commented by aya-papaya at 2008-04-17 15:23
>ねずみさん
いろんな人から話を聞くととても勉強になります。
でもそこで更にウチは聞くだけじゃなくて自分の目で見たいと思ってしまうんですよ(苦笑)。それが今旅をしてる理由みたいな感じです。


<< あらら。。。      モモ作り。 >>