notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 07日

バンコクに骨を埋める覚悟で。

小学校でのボランティアをはじめて約10日。
今週1週間はなんだかんだでいつもメインで英語を教えてました。
ようやくどうやって授業を進めていけばいいかなんとなく分かってきたよ~な、やっぱりさっぱりすっぽりわかんないよ~なそんな感じで1週間が終わりました。
とりあえず一言。疲れた!
教えるって事は思ってたより10倍ぐらい大変で、言葉が通じないというハンディで更に10倍ぐらい大変で。
要するに思ってたより100倍も大変って事です。
朝8時半に起きて、ご飯食べて9時過ぎに学校。
3時半に授業が終わったら6時半まで子供たちの宿題を見たり、遅れてる子にマンツーマン(というか大抵1対3ぐらい)で教えたり。
それからミーティングに参加したり、タイ語を教えてもらったりで、8時半ごろにようやく全てが終わる。
そして宿に帰ってから明日の授業をどう進めるか、そして子供たちに出す宿題を考える。これがいつも2時間近くかかる。
どうやれば理解してもらえるだろうって考えるのはホントに大変。タイ語で説明が出来れば楽なのに。

こんな1週間。

日本でのバイトも疲れたけどさ、料理を作る仕事ってさ、あくまで自分との戦いみたいなとこがあってさ、敵は時間と自分なわけ。時間内に自分の仕事をこなせばそれでOK。
そりゃもちろん奥は深いけどさ、思ったようにすれば思ったようになるわけ。

それがさぁ、教えるって相手が人でしょ。思ったようにやっても思ったようにならないんだよね。

ほんっとに難しい。


で、本題なんですけど、このボランティア、9月まで続けることになりました。

この学校、いろ~んな問題があってさ。
1週間本格的にやってみて見えてきた部分もあるし、聞いた話もあるけど、今の状況では子供たちがかわいそう。
ウチがどこまで出来るかは分かんないけど、出来るだけやってみようと思いました。
子供たちのために。


全校生徒は52人。そのうちの約半分が親がいなかったり、いても問題があったり。
お金が払えなくてしばらく学校に来れない子や、学校が終わってから夜まで働いてる子、中には毎日夜中の1時まで働いて兄弟を食べさせてる子もいる(ちなみにその子はまだ2年生)。
勉強できるのにお金がないから辞書や教科書が買えない子。

そんな子供たちがいっぱいいるの。

そしてちゃんと英語を教えられる先生がいない。
だから子供たちの英語のレベルはすごく低い。更に同じ学年でも出来る子と出来ない子の差がめっちゃ激しい。
3年生でもまだアルファベットが書けない子もいる。
そんな子はもちろん授業についてこれない。
それでも今まではそのまま授業が進んでた。だから出来る子は出来る。でも出来ない子はまったく出来ない。
それから先生たちにも問題があって、厳しすぎるんだよね。
子供たちを力で押さえつけれる。あれじゃ勉強は好きにならない。
答えられないとビシッ!書けなくてもビシッ!容赦なく叩く。

だから今まで子供たちは英語の授業がたぶんすっごい嫌いだったと思う。

3年生にネパール人の女の子がいるんだけど、この子も家庭環境がとっても複雑で、親がいなくて遠い親戚の家に預けられてるんだけど、母国語はネパール語で、タイ語も問題なく喋れるんだけど書くのがまだ完璧じゃなくて。
その子、アルファベットもちゃんと書けなくて英語のレベルは1年生と同じぐらいだったの。
今までどの先生にもなつかなくて、だから勉強もぜんぜん出来なくて。
でもどうやらウチの事が気に入ってくれたらしくて、授業が終わった後に毎日ウチの隣に来て宿題をするようになったの。それでこの1週間でかなりアルファベットが書けるようになったのよ!授業中も他の子が遊んでても一人黙々と黒板を写してウチに見せに来る。
劇的な進歩よ。他の先生たちもびっくりしてた。
今までなら考えられないって。

とにかく楽しい授業にしようと思って、この1週間やってみた。
それが良かったみたい。

それで、長くボランティアをやってる人に、お願いだからあと3ヶ月いて。子供たちを見捨てないで。って言われて。
そんな事言われたら逃げられないじゃないですか…。
続けないとこっちが悪者みたいじゃないですか…。
NOとは言えない状況に追い込まれてしまい、とうとうYESと言ってしまいました。

と言う事で、9月まで英語を教えることになりました。

問題は山積み。
今月末にテストがある。だからテスト用の勉強をしなきゃいけない。
それから特に1,2年、まだ幼稚園の延長感が抜けなくてウチ一人じゃ授業にならない。学級崩壊!?タイ人の先生が一瞬顔を出した瞬間にシーンとなってみんな席に着くような状態。
厳しすぎるのはだめだけど甘いだけでもダメ。時には厳しくしないといけない。そこがまだどこまでやっていいのかわからない。
そしてやっぱり言葉の壁。タイ語で説明できないから理解してもらうのにすごい時間がかかる。
更に9月に、絵の大会があって、その練習をしなきゃいけないんだけど、指導を任されてしまった。他に絵を描ける人がいなからって。いや、ウチも描けませんけど…。

こんな感じ。
あと3ヶ月。っつーかほぼ4ヶ月。どこまで出来るかな。出来るとこまでやるしかない。

長くなりましたが、9月までバンコクにいる事になったので、みなさん是非遊びに来てください。
そして遊びに来た暁には、1日でもいいので是非ボランティアしに来てください(笑)。
子供たち、めっちゃカワイイです。カワイさ保証します。
[PR]

by aya-papaya | 2008-06-07 22:33 | タイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://papaya.exblog.jp/tb/9004238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MIKIYA at 2008-06-08 22:33 x
いいじゃない!がんばってちょ!
子供たちの写真、見てみたいです。
Commented by aya-papaya at 2008-06-09 22:45
>MIKIYAくん
がんばりま~す。写真そのうちアップするね!


<< 女装、そしてお姫様。      せんせい、あのね。 >>