notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 30日

ボニート。

フォス・ド・イグアスからカンポ・グランジ経由でボニートに来まして。

噂のプラタ川のシュノーケリングへ行ってまいりました。


1時間半のシュノーケリング、送迎+ランチ込みでお値段なんと1万円。

更にGoProとか持ってないので、防水カメラレンタル1500円。

高ぇーよ。


朝7時にピックアップに来て、ボニート中の宿でピックアップしていくのでそれだけでなんだかんだ1時間。

片道約1時間、オウムの住んでる穴に寄って、ここは追加オプショナルなので、行かない人はただ1時間半ほど待つ。

オウム見に行った人たちが戻ってきてようやくプラタ川に移動。

手続きして、説明受けて、待つ。

ようやくウェットスーツに着替え、待つ。

トラックに乗って5分ほど走る。

それから川まで30分ほど歩く。

ようやく川に着いた。

全員が準備できるまで待つ。

ようやくシュノーケリングスタート。

川の流れに乗ってゆっくり流されていく。

はずが、なんかガイドも他の人も早いんですけど。

泳いでますよね?

泳がずゆっくり流されるだけじゃないの?

ってな感じでたぶん1時間ほどでゴール地点についてしまった。

1万円…。

またトラックに乗り込み施設に戻って来たのはすでに15時半。

ようやくランチ。

そしてひたすら自由時間。

といっても施設内ですることも無くただ出発を待つだけ。

早く帰ろうよ。

やっと出発して1時間かけてボニートに戻ってきたのはすでに夕食時。

待ち時間だけとにかくひたすら長かった。

疲れた。

別にお腹すいてないしさっさと寝ましたとさ。


なんだかとにかく無駄な時間が多かったなー。

半日で余裕で済むはずの行程なのに。


とまぁ、文章だけ見ると不満しかないですが笑。

水の中はキレイだったし楽しかった。


でもこれまた時期のせいか、どこまでも見えるほどの透明度はなく、このレベルなら地元岐阜の川のほうが勝ってるなぁと思いながらも、デカい魚がいっぱいいて、なんといってもこの水の青さはやっぱり他にはないなーと思った次第です。


子供の頃、岐阜の川で育ったウチは、どうも海が苦手であんまり海に入りたいと思わないんだけど、川でこれだけ魚がたくさんいてシュノーケリングできるってのは最高だね。

水がしょっぱくないって大事。


日焼け止め禁止のお陰で、1時間プカプカ浮いてたので、ウェットスーツから出てた足の裏側大やけどです。



写真まとめてアップ。
c0146526_08535531.jpg
c0146526_08535453.jpg
c0146526_08535770.jpg
c0146526_08535802.jpg
c0146526_08581311.jpg
c0146526_08581463.jpg
c0146526_08581560.jpg
c0146526_08581709.jpg
c0146526_09013687.jpg
c0146526_09013441.jpg
c0146526_09013884.jpg
c0146526_09013793.jpg

ムービーもあげちゃいますよ。


まーでもやっぱ1万円は高すぎ。

[PR]

# by aya-papaya | 2018-11-30 04:04 | ブラジル | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 29日

ついにブラジル。

南米大陸の半分くらいを占めるブラジル。

南米9ヶ月目?10ヶ月目?にしてようやく強敵をやっつけにかかる。


パラグアイからとりあえず歩いて国境を越えて晴れてブラジル入国。

ブラジル第一都市目はフォス・ド・イグアス。

さっそくイグアスの滝!と思ったら、天気悪ぅー。

民宿小林を出る前に天気予報チェックしとけばもう何泊か留まる言い訳になったのに…。

パラグアイが毎日天気良すぎて、雨が降るなんて考えもしなかったよ。


そろそろクリスマスから年末年始をどこで過ごすか考えて計画的に動かないといけなくなる時期。

あんまり時間を無駄にはできないんだけど。

でも計画立てて計画通りに進めるなんてできるはずもなく。

まずそもそも計画立てて計画通りに進める気もあんまりなく。

ま、とりあえず雨の日は引き籠るべし。


滝見に行かないならまた国境超えて楽園パラグアイのイグアスに戻ろうかとも思ったんだけど。

50キロしか離れてないしね、交通費だって300円ぐらいで済むしね。

雨だし雷鳴ってるし、やっぱ引き籠ろう。



翌日、また朝から雨だけど、午後から晴れそうな気配だったので、思い切って滝に行くことに。


雨に降られ、公園内を移動する2階建てバスでは吹きさらしで凍えながら、メインの滝1.5㎞手前のポイントでバスを降りて歩く。

もう最初の段階で日本にあるレベルの滝を軽く超えてるスケール。
c0146526_07271844.jpg


何十本と続く滝。
c0146526_07271964.jpg

ひたすら滝。
c0146526_07271960.jpg


で、とうとうメイン!
c0146526_07272035.jpg
はい、天気の悪さと水しぶきで肝心な部分が真っ白で見えません。


オレンジ色の誰よりも目立つポンチョを着込み、水しぶきを浴びまくりながら、いろんな場所をうろうろすること約3時間…(笑)。

諦めて晴れ予報の明日リベンジするかーと折れそうになったけど、とうとう晴れてきた!!

待った甲斐があった!!

※ちなみに、ブラジル側の滝、2日券があってかなり割引になるけど、前もって2日券買わなくても、とりあえず普通に1日券買って、翌日また来たければ1日目のチケットを持っていけば2日目に2日券と同じ金額に割り引いてくれます。まー2日続けていく人はまずいないと思うけど。


c0146526_07271812.jpg
c0146526_07372300.jpg
c0146526_07372353.jpg
c0146526_07372134.jpg
c0146526_07272126.jpg
c0146526_07372269.jpg


結局メインの最後のとこは水しぶきが霧みたいになってはっきり見えなかったけど、でも満足!

これで世界のトップクラスに有名な滝はあとエンジェルフォールズだけか。


ナイアガラは規模でいえば一番小さいかもだけど、なんてったって見るだけならタダだし。

ビクトリアフォールズは空中から見なかったことを今猛烈に後悔してるから、機会があればリベンジしたい。

イグアスの滝は、ブラジル側からだけでアルゼンチン側行って無いけど十分満足。

滝に突っ込むボートとか興味ないしね。



帰り道、ハナグマさんと巨大リストカゲ(勝手に命名)に遭遇。
c0146526_07372484.jpg
c0146526_07372166.jpg

半日で終わるよと言われたイグアスの滝、丸一日かけて満喫しました。

[PR]

# by aya-papaya | 2018-11-29 08:30 | ブラジル | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 24日

パラグアイ。

アスンシオンを出発してイグアス居住区へ。

旅の途中に来てれば確実に沈没間違いなしだけど、さすがに日本から来て早々に沈没するほどダメな人にはなりたくない(笑)。


まずはペンション園田に3泊。

居住区内をブラブラ散歩。


南米の日本人居住区にはたいていある鳥居。
c0146526_00415481.jpg

道端で見かける看板。
c0146526_00415511.jpg

農協に買い物に行ったり。
c0146526_00415527.jpg
パラグアイで作ってる日本米やもち米も売ってる。


お昼ご飯は冷やし中華。
c0146526_00442025.jpg

とある日の朝ご飯。
c0146526_00481878.jpg
日本米にもやしの味噌汁、納豆。

ここは日本。


園田さんに移民資料館に連れてってもらい、みっちり講義を受けたり。

ここで作ってる和太鼓も展示してあった。
c0146526_00585222.jpg

郊外の大豆畑に連れてってもらったり。
c0146526_00050173.jpg
見渡す限り大豆畑。

東日本大震災の時は、支援物資としてここから100トンの大豆が日本へ無償で送られ、岐阜の企業を中心に、京都、岩手などの豆腐業者と協力して、計120万丁の豆腐が被災地に贈られたことを知った。


また別の日には手作り塩ラーメン。
c0146526_00415328.jpg

町中のほぼすべての飲食店に日本食があるから、選択肢が多すぎて迷う。

ペンション園田にもフリーの日本米置いてあるしね。


予定通り3日間、居住区内をブラブラして、過ごした。


そして民宿小林に移動。

旅人に有名な二つの宿。

どっちか決められなくてどっちも泊まる事にしたのです。


民宿小林はまぁなんというか、人をダメにする(笑)。

朝お父さんが買い物に連れてってくれる。

納豆買って、パン屋さんではあんぱん、メロンパン、カレーパンの誘惑に負け。

買い物から帰ってきたら宿でダラダラ。

夕ご飯はお母さんの手作り日替わりメニュー大量。

それが翌日のお昼ご飯にまで足りちゃうシステム。

足らなかったら朝またご飯や味噌汁新たに作ってくれるし。

なので自炊しない。

常に食べるものがある。

最高なダラダラ生活。

やることと言ったら夕焼け眺めるくらい(笑)。
c0146526_00050187.jpg
c0146526_00050242.jpg
c0146526_00050300.jpg
c0146526_00050220.jpg
c0146526_00055684.jpg

あ、朝起きたら猫が4匹増えてた。
c0146526_00055553.jpg

早起きして星鑑賞したり、日の出見たり、農協で売るお餅をお父さんとお母さんがつくの見学したり。
c0146526_00415404.jpg

釣りにも連れてってもらった。

毎日天気よくて。
c0146526_00055720.jpg

夜、蛍が大量発生したんだけど、まだ暗く成りきる前だらかうまく写真に写らず。
c0146526_00055768.jpg


そんなこんなで、しっかり予定通り民宿小林も3泊。

うん、健全。

後ろ髪引かれながらついに国境渡ってブラジル入国したものの、3日間天気悪くて、イグアスの滝観光はお預け。

出発前に天気予報チェックしとけばあと3日追加で日本食まみれの生活送れたのに…。

[PR]

# by aya-papaya | 2018-11-24 01:46 | パラグアイ | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 15日

京都小旅行。

最近恒例になりつつある、一時帰国中の京都遠征。

友達の子供の成長っぷりにニヤニヤしつつ、行ったことのない場所を少しずつ開拓。


今回は、紅葉シーズンにつま先突っ込んだか突っ込んでないかくらいの微妙な時期ではあるけど、色づき始めた場所をネットでリサーチして、友達の車で回った。


岩倉実相院から始まり、赤山禅院、下鴨神社、天一でのランチの後、永観堂。
c0146526_05381761.jpg
c0146526_05381718.jpg
c0146526_05431185.jpg
c0146526_05431258.jpg
c0146526_05431244.jpg
c0146526_05463149.jpg
c0146526_05463368.jpg
c0146526_05463284.jpg



永観堂めっちゃ良かった!

真っ赤に染まった京都もいつか見てみたいけど、まだシーズン前で観光客の少ないこの時期はむしろ穴場だったかも。

京都は相変わらず美しかった。



今回の一時帰国も、富士山含め、なんだかんだ4か月も日本にいてしまった。

やっぱ日本は居心地いいです。


普段おみくじとか全くやらないけど、ノリで引いた下鴨神社の水みくじ。

御手洗川にさらして浮き出てきた文字は、、、

旅行 -- 日がえりが良い


なんと!

だからおみくじ嫌い(笑)。


ウチのは旅行じゃなくて旅だから、とか、旅行じゃなくて生活だから、とかまわりにいろいろ言ってもらって、じゃあ旅行とは一体なんぞや、という疑問が残りつつも、気にしないことにします。


冬になり始めた日本を出発して、乗り継ぎ乗り継ぎでようやくたどり着いたパラグアイの首都アスンシオンンはまさかの気温35℃。

完全に夏バテで、2日間宿から出ずへばってましたが、3日目にしてようやく雨が降ったおかげで気温が下がり、ようやくやらなきゃいけないことをやろうという気が起こり、とりあえずこのブログ書いてます。

旅ブログ再開。


汗でかぶれまくり、猛烈な痒みと戦いつつ、南米後半スタートです。

日本との時差ちょうど12時間、絶賛時差ボケ中。

[PR]

# by aya-papaya | 2018-11-15 00:05 | 日本 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 20日

下界。

c0146526_12010790.jpg
山籠りが終わって下界に下りてきた。

今年の富士山は暑かった。

そして台風が多かった。

台風のお陰で、そろそろ体力の限界かもと思い始めたころにちょうどゆっくりできたりして、なんとか2ヵ月ちょい耐えきった。


今年はちゃんと一眼持ってったんだけど、やっぱり結局忙しくて写真撮ってる暇はほぼ無く。

でも去年できなかったから今年こそは、と半日休みをもらって頂上まで行ってきた。

平均所要時間の半分の時間で登れたから、ウチもまだまだ行けると調子に乗った。


ってことで、富士山で撮った写真まとめてアップ。
c0146526_12000338.jpg
c0146526_12000348.jpg
c0146526_12000494.jpg
c0146526_12000416.jpg
c0146526_12000577.jpg
c0146526_12000541.jpg
c0146526_12004082.jpg
c0146526_12004073.jpg
c0146526_12004134.jpg
c0146526_12004133.jpg
c0146526_12004259.jpg
c0146526_12004290.jpg



ここからは新七合目から剣ヶ峰→お鉢巡り→御殿場ルート下山→宝永山頂上→プリンスルート→宝永火口→富士宮口6合目から新七合目に戻るというルート。


パタゴニアを思い起こさせる雲。
c0146526_12010790.jpg
あっと言う間に剣ヶ峰。
c0146526_12010892.jpg
お鉢巡り
c0146526_12010894.jpg
c0146526_12010984.jpg
c0146526_12010909.jpg
c0146526_12014180.jpg
頂上から吉田口側を見下ろす。
c0146526_12010617.jpg
宝永山山頂。
c0146526_12014214.jpg
宝永山から見上げる富士山。
c0146526_12014297.jpg
宝永火口とプリンスルート。
c0146526_12014394.jpg


はい、手抜き感半端ない感じですいません。


今後の予定を悩みつつ、とりあえずもう少し日本にいる予定です。


More
[PR]

# by aya-papaya | 2018-09-20 12:45 | 日本 | Trackback | Comments(0)