notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:インドネシア( 9 )


2012年 01月 15日

インドネシアの写真、後半。

ジャワ島

プランバナン
c0146526_22285937.jpg
c0146526_22293058.jpg


ボロブドゥール
c0146526_22303851.jpg
c0146526_22312827.jpg
c0146526_2232052.jpg
c0146526_22324510.jpg
c0146526_2233208.jpg


ブロモ山
火口。
c0146526_23102044.jpg

日の出。
c0146526_23105698.jpg



スラウェシ島
お墓巡り
歯の生える前の赤ちゃんのお墓リアン・ビア。
この木は樹液が白くて、まるでミルクの様だそうで、赤ちゃんが常にミルクを飲めるように、そして、立たせた状態で埋葬するそうな。木と一緒に成長していけるように。
c0146526_22381196.jpg

この辺りの一般的なお墓。
この島は基本的に風葬だそうで、火葬でも土葬でもない。鍾乳洞に放置。
c0146526_2242115.jpg

死者人形「タウタウ」。亡くなると、その人のタウタウを作ってお墓に設置。でもタウタウを作れるのはそこそこお金のある人だけらしい。
c0146526_2246123.jpg

岩窟墓。
あんな高いところにどうやって?と不思議でしょうがない。ハシゴを使って埋葬するらしいけど、危険すぎる。
地位の高い人(お金持ち)ほど高いところに埋葬するそうで、一緒に装飾品やらなんやらも埋葬するから盗難防止だと言っていた。
タウタウが並ぶテラスもある。
c0146526_22514515.jpg


タナ・トラジャのお葬式
生贄の水牛と豚たち。水牛は喉元を一裂き、豚は心臓を一突き。
c0146526_2254589.jpg
c0146526_22545918.jpg
c0146526_2257089.jpg

喪主のおばあちゃん。旦那さんのお葬式でした。孫は24人。
c0146526_22581822.jpg


また別のお葬式。
ここは葬祭広場の生贄場。
c0146526_22595171.jpg

お葬式の一環、闘牛。
c0146526_231293.jpg

短期間で2つもお葬式を見れたのはかなりラッキーだったみたいです。

6日に1回の家畜マーケット。
豚と水牛がうじゃうじゃと。
c0146526_2331051.jpg

豚1匹ご購入。暴れても大丈夫なようにしっかり結び付けます。
c0146526_2341552.jpg

全てを悟ったようなステキな顔をした彼女。
c0146526_235782.jpg


トラジャ・ハウス

タナ・トラジャの伝統的な家。久々に心トキメキマシタ。
c0146526_2363778.jpg
c0146526_2371727.jpg
c0146526_238452.jpg
c0146526_2383312.jpg
c0146526_239490.jpg


最後に、デンパサールで出会ったステキなタイヤキ君。
c0146526_23133956.jpg



ようやくアップできました。
[PR]

by aya-papaya | 2012-01-15 23:17 | インドネシア | Trackback(1) | Comments(1)
2011年 12月 23日

疲れた。

タナ・トラジャを昼に出て、9時間のバス。

アタイ、人生で初めてゲロ袋を使いました。

マジ、死ぬかと思いました。

旅中、まず車酔いとかした事なかったのに。

たまたまウチのシートに置いてあったゲロ袋に感謝。

アナタがいなかったら、アタイ、バスの中でゲロまみれでした。

アナタは命の恩人です。

夜10時過ぎにマカッサルに着き、タクシーのおっちゃんと粘りに粘った交渉の末、なんとかメーターで空港まで。

飛行機朝発だから入れて空港内に入れてくれない。

空港の外のベンチで仮眠。

と思ったら2時ぐらいに入れてくれた。

でももちろんチェックインはまだできず、ベンチもなく、クーラー効きすぎの冷たい床にうずくまって寝る。

つもりだったけど、寒くて寝れやしない。

荷物をあけて、上着を着て、布被って、ちょっと仮眠。

ま、結局、バスでは吐き気と戦い、空港では寒さと戦い、ほとんど寝れなかった。

スラバヤに着いて、空港からバスターミナルへ。

バスでブロモ山の麓のプロボリンゴへ。

小さな旅行会社でブロモ山ツアーを半強制的に契約させられる。

それでも宿代、ブロモまでの往復トランスポート、ブロモでのジープや入域料、さらにはプロボリンゴからウブドまでのバス込み、そんでもって、もし天気が悪くて朝日が見れなかったらお金返してくれるって言うじゃない。

全部で710,000ルピア。6,000円ぐらい?

だったから、悪くはないと諦めた。

手持ちが足りなくて、バイクでATMまで強制連行。


真っ直ぐ宿まで直行するはずのバスに乗り込み、ちょっとたって、別のバスに乗り換えさせられ、途中からはなぜかバイクに乗せられ、とにかく着いた宿。

きれいだけど、宿代170,000ルピア払ってるのに(ツアー代の内訳は確認済み)、ウチの部屋120,000ルピアじゃない。

もういいや。しんどいから寝る。

朝2時半起床。

朝ごはん弁当をもらう。

3時に迎えに来るはずのガイドが来たのは結局4時。

山3つ行くはずが2つしか行かず、ま、でも朝日見れたし良しとする。

8時に宿に戻ってきて9時出発、麓のプロボリンゴまで。

10時には着いたけど、バリまでのバスが来るのは12時だと。

ご飯を食べて待つ。

3日ぶりぐらいにまともにご飯を食べた。

1日パン1個とかだったからね。

ウブドまで行く!と自信満々に旅行会社のヤツが言ったバスは、もちろんウブドまで行くはずもなく、夜12時にデンパサールのバスターミナルに着く。

ウザイタクシーの運ちゃんたちをひたすら無視し、バスターミナルでの野宿を決め込む。

タダでさえ残金少ないのに、余分なお金をいっぱい使ってしまった。

食欲なかったから、2日間、買ったのは水だけだったけど、それでも予定よりだいぶ出費がかさんだ。

あと6時間ぐらいここにいれば宿代1泊分浮くしね。旅行会社にボラれた分ぐらいは取り戻せるしね。

乗ってきたバスのお兄さん、話しかけてきたから、事情を説明して、朝までここにいるって言ったら、バスの中で寝ていいよって。

悪いことが続いてるときにも、何かいいことはあるもんだ。

効きすぎリクライニングのおかげで、ほぼベッドになるシート。

さらに前のシートが前に倒れて、ほぼ完璧ベッド。

一応ね、念のため、寝ないで置こうと思ったけど、前2日ほとんど寝てないからね、気付いたら外が明るくなり始めてた。

バスのお兄さん、おっちゃんに超感謝して、デンパサールの宿へ。

ファンがないけど、安いから許す。

とりあえず寝た。

町をブラブラ歩く。

デンパサール、いいよ。バリなのに、バリじゃないみたい。

外国人向けのレストランとかないしね、外国人めったに見ないしね。

超ローカル。

ジョグジャよりおもしろい。

元々のバリって言うのかな、ごちゃごちゃしてて、下町っぽくて、いい感じ。

インドで言うとこのコルカタ、タイで言うとこのチェンマイって感じ?

そんでもって、なんと、デンパサールには、たい焼き屋さんがあるのだ!!!

屋台で、夕方に出るんだけど、マジ、感動したね。あんこって最高だね。

あんこ2つ、チョコレート1つ頼んだら、なぜか2つずつきて、ま、いっかって感じでお金払って、焼きたて熱々をひとりでニヤニヤしながら食べて、でも最近の自分の胃の小ささを忘れてて、2つ食べ終わった時には、うぷってぐらい苦しくて、でも焼きたて食べなきゃって無理して食べきったら、超気持ち悪くなって。

でもおいしかったから許す。

次の日、1泊分の荷物だけ持って、ローカルのミニバスを乗り継いでウブドへ。

最初ウブドで見て買おうと思ってたお土産、他の町にもあるかと思ってたらなかったから、お買い物のためにウブドへ。

前に泊まってた宿に1泊。

マーケットはすごいね。その辺のお店で売ってる何倍もの値段を普通に言ってくる。

笑っちゃったよ。

そして今日、ウブドからデンパサール、そしてデンパサールからサヌールにこれまたローカルのミニバスで。

みなさんにオススメしたい。

バリ島内の移動は、ケチらずにツーリスト用のシャトルを使いましょう。

ボロボロの乗り合いミニバスで人が集まらないと出発しないし、時間もかかるくせに、シャトルと同じぐらいの値段、もしくはそれ以上をぼったくろうとしてくる。

ほぼ例外なく。

正規の値段の10倍の額を要求してきたやつもいた。

ばかじゃないの。

時間と労力を使って、さらにイライラして、やっと向こうが折れて、こっちの言い値でOKって言ったから乗ったのに、出発したら値段上げてきやがって、止まれ!降ろせ!てめーのバスになんか乗るか!みたいな。

そんなのの繰り返し。

親切に正規料金だけ請求してくれる人1人ぐらいいてくれてもいいのにね、0ですよ、ゼロ。

だから、ちょっと高くてもツーリストシャトルがいいですよ。



ま、そんなこんなで、身も心もボロボロですが、なんとか最終目的地のサヌールに着きました。

あとは運命の明後日までダラダラします。


残高900,000ルピア。800円弱?あと2日。

空港までは、シャトルかタクシーで行きたい。

二度とローカルには乗らない。

食費あるかしら。
[PR]

by aya-papaya | 2011-12-23 17:23 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 12日

飛びます飛びます。

ジョグジャ3日目。実質2日目。初日は夜着いてそのまま寝たから。

昨日は、プランバナンへ。一応世界遺産。

今日は朝4時半起きでボロブドゥールへ。

プランバナン先に行っといてよかった~。ボロブドゥールの後に行ってたら、感動も何もなかったね、きっと。

とりあえずまー観光客多すぎ。外国人じゃなくて地元民ね。

ジャカルタとかから来てるのかな。

スクールキッズうじゃうじゃいて、ゆっくり観光もできない。

大人だったら、カメラを構えてる人の前通ったりしないけどさ、キッズはおかまいなしだからね。

しかも一番めんどくさいティーンエイジャー。

まぢやめてほしいっす。


ま、とりあえず、ジョグジャの観光を終え、さっさと移動です。

物価安いし、ご飯も安いんだけど、後の予定が詰まってきてて。

これだから時間制限のある旅はイヤよね。


明日朝5時発、バスでスラバヤへ。

んで夕方、スラバヤから飛びます飛びます。

スラウェシ島、マカッサル。

アタイってばもうずぅ~~~っとスラウェンだと思ってたわよ。

さっきスペルを調べたらSULAWESIって書いてあって、へぇ~これでスラウェンって読むんだ~なんて関心してたぐらいだわよ。

そしたらスラウェシだったわ。点がいっこ足りなかったわ。

ま、それは置いといて、ウチ的インドネシアハイライト。


最初はスラバヤから船で24時間かけてどんぶらこと行こうと思ってたの。

だけど、船、思ったよりスムーズに行かず。

次出る船はもう満席。その次は5日後。

5日も待てないわよ、スケジュール押してるのに。

しかも船、超高いの。

んで飛行機調べたら、これまた思ったより高くて。

数日の為にこんなにお金を払うのもどうかと思って、スラウェシ行き、ちょっと諦めようかと本気で迷った。

そしたらそんなに急いで動かなくても次の目的地でもゆっくりできるし。

でもでも、やっぱりハイライト逃すわけにもいかんでしょ。って事で、探したら見つかりました、安いフライト。

安い安い。船の半分の値段。

よかった~。

って事で、明日、マカッサル。翌日にはバスでタナトラジャじゃ~!
[PR]

by aya-papaya | 2011-12-12 14:50 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 10日

長かった。

26時間。

18時間の予定だったのに。

前日、暑くてあんまり寝れなくて。

おかげで、朝まで爆睡。

朝、バス乗換えで起こされてさ、そこでなぜか4時間待たされて。

結局真っ暗になった夜8時、ついにジョグジャカルタ、通称ジョグジャに到着っす。

ひたすら長かったぜ。

ケツがいてーぜ。

週末は込むらしく、宿はフル、フル、フル。

やっと見つけたとこは、なんかトイレシャワーが今までにない形式だけど、格安だから許す。

バリより断然物価低いね。

明日早起きできたら早速、世界三大仏教遺跡のひとつ(だったはず)、ボロブドゥールへ行ってきます。
[PR]

by aya-papaya | 2011-12-10 23:04 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 08日

ウブドの火葬行列。

まず家の前で仙人みたいなおじさんがひたすらお祈り。
c0146526_2225075.jpg

だんだんパワーアップしていく仙人のおじさん。どれくらいだろう、たぶん1時間以上はやってた。1時間半ぐらい?2時間ちかく?
c0146526_2255065.jpg

お祈りが終わると、お墓兼火葬場までの行進。御神輿みたいで活気満点。みんなおそろいのTシャツまで作っちゃって。胸のとこには『6 DECEMBER 2011』ってプリントされてたわ。
c0146526_22122363.jpg
c0146526_22335166.jpg

棺桶をのせたほうもみんなで担いでいく。
c0146526_22453712.jpg

大音量の打楽器隊付き。
c0146526_2253957.jpg

お墓の入り口の道幅より担ぐ竹組みのほうが大きくて、急遽1列切断。ちゃんと突っ込みどころも用意してくれてます。
c0146526_2314182.jpg

御神輿かと思ったら、蓋をあけて、そこに棺桶のなかの遺体を移し変えて、一緒に燃やす品々を詰めていく。
c0146526_238583.jpg

なんてしてたら、なんともう1組登場。こっちは赤いTシャツ。なんか赤組と白組で運動会みたいになってきた。どっちが派手か、明らかに競い合ってるでしょ、アナタたちw
c0146526_23183268.jpg

赤組もセット完了。
c0146526_2321622.jpg

準備が終わるとさっさと火をつけます。
c0146526_23291076.jpg

オイルをかけてメラメラ燃やします。
c0146526_23351549.jpg

どんどん燃えます。火が弱まってきたら、火炎放射器登場。燃やし尽くします。
c0146526_23374683.jpg

赤組も同じようにガンガン燃やします。
c0146526_23392821.jpg

この後が長かった。骨の形もなくなるまで燃やし尽くす。ウチは一旦ご飯を食べに街に行って、また戻ってきたけどまだまだ燃やしてた。さすがにみんなお腹も空くよね。ピザ屋さんまで登場。
c0146526_2352488.jpg

最後に燃えきった灰に水をかけて冷まして、残った骨の破片をみんなで拾い集めて終わり。
c0146526_013062.jpg



とにかくみんな楽しそうで、お祝い事みたいだった。

国や宗教が違うとこうも違うものかと、なんだかとても不思議な感じになった。

死ぬってどういう事なんだろう。

自分が死んだら、泣くよりは笑ってほしいと思った。




この写真たちをアップするのに一体何時間かかっただろう。

日本の光回線は神ですよ、まぢで。
[PR]

by aya-papaya | 2011-12-08 00:10 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 07日

ウブドで出会った人達。

こんな人達がたくさんいました。

c0146526_21415826.jpg
c0146526_21445896.jpg
c0146526_21452888.jpg
c0146526_214644100.jpg

[PR]

by aya-papaya | 2011-12-07 21:48 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 07日

サヌール。

ウブドからサヌールへ。

インドネシアの物価、高いよ。

5年前のガイドブックを持ってるんだけど、ごはんも宿も、だいたい2倍の値段になってる。

安いと思って来たから、何もかもが高くて困る。

って言っても日本やオーストラリアに比べれば安いけど、タイとかと比べちゃうから、これでこの値段!?ありえな~い。みたな。

昨日ウブド最終日、火葬行列を見た。

仮装行列じゃなくて火葬行列ね。

お祭りみたい。

なんかみんな楽しそう。

こんな楽しいお葬式ならいいなと思った。

灰になるまで見届けた。

インド・ネパールで火葬はけっこう見慣れてるけど、ここでも、あぁこれでこの人は完全にこの世からいなくなるんだ、なんて感慨深げに思ってる自分の目の前で、淡々と作業が進められていく。

日本のお葬式ってなんであんなに暗いんだろうと不思議になるぐらい。

バリのお葬式がこんなにみんな楽しそうにしてるのも不思議だけど。

でも、なんでもやっぱり楽しいほうがいいよね。

いいもの見させてもらった。

今日の夜には写真でもアップしようかしらね。

なんてったってここはwi-fi付きの宿。



そろそろバリを出ます。

目指すはジャワ島、ジョグジャカルタ。
[PR]

by aya-papaya | 2011-12-07 14:11 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 01日

ウブド。

さっさとクタを離れてウブドへ。

田園風景。

断然こっちのほうがいいや。

中心地からちょっと離れた、クタで泊まった宿より断然キレイでローカルご飯2食分ちょい安い宿に滞在中。

静かでいい。

今日はダラダラ。

明日は1日散歩をしよう。
[PR]

by aya-papaya | 2011-12-01 20:09 | インドネシア | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 30日

インドネシア。

バリ。クタ。

昨日。

朝6時に家を出て、2時間かけて空港に着いて、飛行機に乗り込むまで猛烈な睡魔と闘い、

自分の席について、離陸の時に目が覚めて、着陸の時にも目が覚めて。

結局、ひたすら寝てたらバリに着いた。2時。

オーストラリアとバリって時差ないのね。

すっごい湿気。暑い。

1年ぶりに背負ったウチの全荷物。

重たい。

宿探し。

寝すぎたせいか、猛烈な頭痛。

汗がタラタラたれてくる。

とにかくはやく荷物を下ろしたい。

3件目の無難な宿に決めた。

ちょっと高いけど、タイなら半額で泊まれそうなクオリティーだけど。

もう歩きたくない。

チェックインして、荷物を下ろして、寝る。

起きたら7時。あ、夜ね。

ごはん食べなきゃ。

インドネシアでの記念すべき第1食目。

サークルKで牛乳とポカリスエット。

そして寝る。

今日。

朝8時に起きた。

なんだか見覚えのある赤い斑点が…。

まさかね。そんなことあるわけないじゃん。

蚊だね、これは。うん、間違いない。何匹か飛んでたもんね。

本日分の宿泊費を払い、町散策。

暑い。

痒い。

なんだか痒い。

あぁ、赤い斑点がいくつもいくつも…。


明日ウブドへ移動します。

きっとクタにはもう来ないでしょう。



ちなみに、宿に戻ってから、地球上で一番嫌いなやつらを、とりあえず5匹ほど抹殺してやりました。

やつらが絶滅すれば、旅はもっと快適になるのに。
[PR]

by aya-papaya | 2011-11-30 20:27 | インドネシア | Trackback | Comments(0)