notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トルコ( 10 )


2013年 03月 30日

トルコ後半。

後半はほぼ遺跡めぐり。

ペルゲ
c0146526_2256195.jpg
c0146526_22554714.jpg
c0146526_22552738.jpg
c0146526_2255869.jpg


アスペンドス
c0146526_2258472.jpg
c0146526_22574149.jpg


エフェス
エフェスはダントツすごかった!!
c0146526_2322642.jpg
c0146526_234374.jpg
c0146526_2334276.jpg
c0146526_233148.jpg
c0146526_2324935.jpg


トロイ
トロイはガッカリ遺跡だってみんな言うけど、ウチは意外と好きだった。

ほかの遺跡みたいにおぉー!って感じはないけど、何層にもなってる遺跡と、あと映画で見たストーリーがここで起こったんだな~って考えるとちょっとワクワクするよね。
c0146526_2372522.jpg


チャナッカレの町にある、映画で実際に使われたトロイの木馬。
c0146526_2381397.jpg


最後はブルガリア国境近くの町、エディルネ。

世界遺産のモスクです。
c0146526_2393393.jpg
c0146526_2391639.jpg



以上。トルコ終わりー。
[PR]

by aya-papaya | 2013-03-30 23:10 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 20日

トルコ終了。

気づいたら2ヶ月経っちゃってたトルコ。

なかなかパソコンがネットに繋がらなくて写真がアップできないって言い訳のもと全然更新してませんが。

キプロスの後、これまたカウチサーフィンしながら、スィデ→アンタルヤ→セルチュク(エフェス)→チャナッカレ→エイルディル→イスタンブールってな感じでぐるっと回ってイスタンブールに戻ってきた。

個人的にはエフェス遺跡とチャナッカレの町がよかったなー。

けっこう何個かローマ時代の遺跡を見てきた後だったけど、エフェスはダントツだったなー。

あと写真すら撮ってないけど、セルチュクからちょっと離れたとこにある聖母マリアが最後に住んでたと言われてる家。片道10キロ歩くつもりで行ったけど、結局行きも帰りも車に拾われました(笑)。

マリアやら、パウロやら、ヨハネやら、いよいよ自分的には物語の中の存在でしかなかった人たちの足跡が現れ始めて、なんだかおとぎ話の中の世界に来た気分です。


チャナッカレの街は、大きすぎず小さすぎず、物価も安くて、オシャレで、めっちゃ住みやすそうだったなー。


そんな感じでイスタンブールに戻ってきて、避けていたTree of Lifeにとうとう泊まってしまった(笑)。

イスラエル行のチケット取ったのに、イスラエル情報一切なかったから、情報収集という名目で。

残りの5日間、2泊ぐらいTreeに泊まってあとはカウチサーフィンしようと思ってたのに、まんまとバッチリ5泊しちゃったよね。

観光一切しなかったしね。

近所のスーパーに買い物に行くのが唯一の外出だったしね。

毎晩毎晩、美味しい美味しいシェア飯を頂いて。

小アジの南蛮漬けに始まり、刺身の盛り合わせやら、タイ飯やら、カボチャの煮付けやら、ビビンバやら。

最高でした。


こんな感じでトルコ終了。

いざイスラエルへ。
[PR]

by aya-papaya | 2013-03-20 00:46 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 20日

折り紙。

ボズィアズという小さな町でカウチサーフィン。

親子のお宅に1週間お世話になった。

ママの提案で、9歳の娘ダニエルのクラスに、折り紙を教えに行った。

まー立派な学校でびっくりしたよ。

バンコクでボランティアってた学校とは大違い。

でもなんちゃって先生の経験のおかげでいい感じに授業ができてよかった。

通訳付きだし。

折り紙持ってないから、コピー用紙を正方形にカットして、子供達に自由に色塗らせて、金魚作った。

想像以上に子供達が楽しんでくれてよかったよ。

いい経験でした。
c0146526_1535829.jpg
c0146526_1541182.jpg
c0146526_1542633.jpg
c0146526_1544056.jpg

[PR]

by aya-papaya | 2013-02-20 01:54 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 20日

さっそく写真、後半。

噂のキプロス

北側。
c0146526_1394062.jpg
c0146526_1401926.jpg

複雑な背景のおかげで、どう見ても教会なのにモスク(笑)。
c0146526_1404211.jpg

淡い色のステンドグラスもステキ。
c0146526_1423933.jpg
c0146526_143051.jpg

折りたたみ式ベンチ。特になんのメリットもありませんが。
c0146526_1465055.jpg



南側。ギリシャ語さっぱりわかりません。
c0146526_1443021.jpg
c0146526_1444914.jpg

あ、治安はとってもいいですよ。
c0146526_1452419.jpg


これ、南側から見た国境。ただの道路。
c0146526_148454.jpg



以上。
[PR]

by aya-papaya | 2013-02-20 01:48 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 20日

さっそく写真、前半。

カッパドキア

バルーンツアー。

気球、最高!!気球乗りになりたい。気球で旅したい(爆)。
c0146526_1131515.jpg
c0146526_1145793.jpg
c0146526_115993.jpg


その他。
c0146526_116350.jpg
c0146526_117570.jpg
c0146526_1172333.jpg



デヴリィ

世界遺産のモスク。

彫り物好きのウチとしては、わざわざ見に行く価値大いにアリ!!

感動しました。
c0146526_1193798.jpg
c0146526_1195633.jpg
c0146526_1201055.jpg
c0146526_120274.jpg



マルディン

天気はすこぶる悪かった。

帰りのヒッチで捕まえたトラックのドライバーとはFBフレンド(笑)。コミュニケーションは笑顔のみ(笑)。
c0146526_1223092.jpg
c0146526_1224425.jpg



シャンルウルファ

礼拝中をパシャッと。
c0146526_1235921.jpg



ハラン

ハランにて、ターキー発見!!

これぞホントのターキーですぞ。

ターキーinターキー!!
c0146526_1253578.jpg


ハランのおウチ。
c0146526_1263245.jpg


おウチの中。
c0146526_12779.jpg
c0146526_1272688.jpg


餅つき臼発見!!

1人でテンション上がり、一緒にいたオーストリア人に説明、感動を一緒に分かち合う(爆)。

ま、餅つき用ではないですけど。
c0146526_1274144.jpg



ガズィ・アンテップ

トルコ国内でナンバーワンのモザイクミュージアム。

まぢ、行く価値あり!ありまくり!!

ミュージアムの中に住めるもんなら住みたいぐらい、ずっと見てられるぐらい、超感動!!
c0146526_1323095.jpg
c0146526_1325420.jpg
c0146526_133786.jpg
c0146526_1332818.jpg
c0146526_1334837.jpg
c0146526_134495.jpg
c0146526_1342979.jpg

ものモザイク達、2000年も前のもの。

すごくない!?

この芸術性の高さ!!

そして、2000年前の人達が、このモザイク画とともに生活していたという事実。

床ですよ、床。

そりゃあ、一般家庭の床ではないだろうけど、なんて贅沢で、優雅で美しい生活なんでしょう。

とにかく感動しまくりでした。
[PR]

by aya-papaya | 2013-02-20 01:38 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 18日

北キプロス。

フェリーで北キプロスに行ってきた。

某ガイドブックには、タシュジュという町から、高速船が毎日、フェリーが週5本と書いてあったので、夜行バスで最寄りの町スィリフケへ。

朝の4時に到着。

ここからタシュジュまではミニバスで30分。とりあえずまだ早すぎるのでバスターミナルで日が登るのを待つ。

朝9時発の高速船に乗るつもりで、野宿覚悟で微妙な時間の夜行バスでここまでやってきた。

いざタシュジュへ。

No ferry today. Tomorrow.

がびーん。

某ガイドブックの情報は夏限定のものらしく、冬は高速船は一切運行しておらず、フェリーが週に3本あるのみ。

せっかく頑張って来たのに。バスターミナルで半野宿までしたのに。

翌日の夜12時にフェリー出港とのこと。

丸2日もあるじゃないか。

まーいっか。天気はいいし、あったかいし。

宿を確保し、寝る。起きたら3:00pmだった(笑)。

まーほぼ寝てなかったからね。

出港まであと33時間。

まー小さな街で、やる事何にもない。

スィリフケまで戻れば一応遺跡があるんだけど、うーんメンドクサイ(爆)。

ぐるっと散歩した後、海岸沿いにwifi飛んでるカフェ発見。
c0146526_2341715.jpg


1日目終了。

2日目、チェックアウトして、ほぼ一日中、昨日と同じカフェに引きこもる。
c0146526_23432335.jpg


あ、散歩はしたよ。
c0146526_23455587.jpg


夜10時、フェリー会社のオフィスへ。

Sorry no ferry today. Tomorrow.

何かのトラブルで明日のお昼12時に延期とのこと。

朝チェックアウトした宿に戻る。

翌朝、言われたとおり10時半にオフィスに行くと、人がたくさんいた。

どうやら今度こそ出発できるらしい。

フェリー乗り場へ向かい出国手続き。



ここで、北キプロスについて簡単に説明。

もともとギリシャ人とトルコ人が入り混じってる島だった。だから英語はよく通じる。

第二次世界大戦ぐらいまではイギリス領。

ある時トルコ側が北半分を占領。

南側のトルコ人も北に移動させ、北側のギリシャ人を南に追いやって、南北分裂。

1983年(ウチと同い年!関係ないけど。東京ディズニーランドも同い年、関係ないけど。)、キタキプロス・トルコ共和国として独立宣言。

ギリシャ人にしてみれば、はぁ???って話。占領した挙句、勝手に独立宣言されたんだもんね。

ということで、現在、北キプロス・トルコ共和国という国は、世界中で唯一トルコだけが承認している国。

逆に南側のキプロス共和国は、国連加盟国193カ国中、唯一トルコだけがしょうにんしてないらしい(笑)。

興味のある方はwikiってください。



ま、そういう微妙な関係という事で、北キプロスの入国スタンプがパスポートに押してあると、南側や、ギリシャに入国できないのです。

なので、スタンプは用意してある別紙に押してもらう。

イスラエルみたいな状態です。


まーキプロス島自体は、とにかくリゾート。ヨーロッパ人やロシア人にとっては、日本人のグアムみたいな感覚らしい。

物価もトルコより高い。

3日ぐらいの予定だったのに、フェリーがなくて結局6日間。

んー高かった。

そこで、南側に遊びに行ってきた。

町中にいきなりパスポートコントロールが現れる。ただの道路じゃん。

入国スタンプを押してもらった紙に出国スタンプを押してもらう。

南側ではパスポートチェックのみ。彼らは一つの国だと思ってるから、出国も入国もないという考え。

いやーすごいよ。

南側に入ったとたん、KFCはあるはマックはあるはスタバはあるわ。

いきなり都会ですよ。

トルコ語からギリシャ語に変わって、物価も高くなって。

北キプロスに着いた時に、うわーヨーロッパだぁと思ったけど、南側に行くと、本気ヨーロッパで、北側はやっぱりアジアだった(笑)。

こんな感じでキプロス終了。トルコに戻ってきた。



帰りのフェリーに乗る時、ターミナルで働いてるおじさんと話をした。

荷物のことで、質問をしたら、パーフェクトな英語が返ってきた。

彼はもともと、南側の出身。

キプロス島が南北に分裂した時に、強制的に北側に移住させられたらしい。

それが嫌で、19歳の時にイギリスに渡った。

どうりで、ベッカムみたいな英語を喋ると思った(笑)。

2年前にキプロスに戻ってきたらしい。

キプロス島のトルコ人も迷惑被ってるのね。
[PR]

by aya-papaya | 2013-02-18 00:30 | トルコ | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 16日

なかなか。

パソコンがネットに繋がらないので、写真をアップできません。

まだトルコです。

もうちょっとトルコです。
[PR]

by aya-papaya | 2013-02-16 22:30 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 19日

パムッカレ→エイルディル。

パムッカレ、実際に見るとスゲーって思ったけど、天気があまり良くなかったのもあって、写真はイマイチでスイマセン。

あと、シーズンオフだからか、お湯の量も少なくて、よく見るパムッカレのようなたくさんんのプールはなかったよ。

人がほとんどいなかったのは良かったけど、またいつか、夏にリベンジしたいね。

石灰棚は土足禁止で、はだしで登っていくんだけど、水量が多いとこはあったかいんだけどさ、チョロチョロ流れてるとこは氷水並みに冷たいの。

冷たいどころか、痛いのと感覚無いのの間ぐらいで、あ~無理~無理~とか独り言いいながら、お湯の場所見つけてはちょっと足あっためて、って感じで進んで行ったよ。
c0146526_2356309.jpg

c0146526_23573340.jpg
c0146526_021580.jpg
c0146526_033446.jpg
c0146526_04345.jpg
c0146526_051896.jpg


パムッカレの裏にある遺跡、ヒエラポリス。

もしかしたら重要なピースだったかもしれない破片や、建物の残骸がそこらじゅうにゴロゴロしてる感がたまらなかった。

そんなひとつの石に腰掛けて、2000年前ここに聖なる都市があったのか、と想像してみる。

ん~なんかすごい。

初めて見るローマ系の遺跡にかなり興奮しました。
c0146526_01192.jpg
c0146526_0121027.jpg
c0146526_0132574.jpg



湖水地方、エイルディル。

悪天候、そして強風。

それでも一瞬青空が見えた。

くっきりと虹が見えた。

虹が消えるまで見えていようと思ったけど、消える気配はなく、風と寒さに負けてギブアップ。

30分ぐらいで歩ける、湖に突き出した小さな半島。

ぐるっと見渡すと、350度ぐらい湖です。

そして水が超キレイで、そんなに晴れてなくても青くて、これ天気がよかったらどんだけキレイなんだと、またしても夏にリベンジしなければいけなくなった。

台風みたいな強風の中、雨も降ってるのに、湖だけは、タイのビーチかのように青くて透明でステキ。

でも寒かった~。

これでも後ろは真っ黒な雲で、雨降ってます。
c0146526_0225387.jpg
c0146526_0235178.jpg


最後に、湖と虹と私。
c0146526_028675.jpg

[PR]

by aya-papaya | 2013-01-19 00:30 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 18日

イスタンブール。

日本での出稼ぎを終え、1ヶ月半ぶりに旅再開。

6ヶ月ぶりの日本は、特に大きな変化もなく、久しぶり感も一切なく、あれ?もう戻ってきたの?なんて言われながら、楽しく過ごしました(笑)。

1ヶ月みっちりバイトをして、5年ぶりの日本でのお正月だっていうのに、年越しの瞬間もバッチリ働いてました。

思った以上に稼げたおかげで、調子に乗って買ってしまった魚眼レンズ。

写真を撮るのが楽しくて、なんでも魚眼で撮ってしまう今日この頃。

荷物は増えたけど、いい買い物した。

ちなみに、荷物、たぶんこの5年でマックスに重いです。

自分でもびっくりしました。



では、写真です。

旧市街にある、デザイン系ワークショップ的な?とこの入り口。
c0146526_23323165.jpg
c0146526_23352346.jpg


旧市街と新市街を結ぶガラタ橋と新市街のガラタ塔。
c0146526_23374760.jpg


これが噂のサバサンド。
前に行ったトコはサバが焼きすぎでイマイチだったけど、今回はバッチリ!美味しかった!
c0146526_23393838.jpg


スュレイマニエ・ジャーミィ。
c0146526_23414175.jpg
c0146526_23424374.jpg
c0146526_234349100.jpg


入場料高いけど行ってきました、トプカプ宮殿。
でもいい写真がないので一枚だけ…。
c0146526_23471328.jpg


宮殿からブルーモスクまでの道。
c0146526_2349415.jpg


ブルーモスク。
c0146526_23495952.jpg
c0146526_23503914.jpg


旧市街からの夕日。
c0146526_23521515.jpg

[PR]

by aya-papaya | 2013-01-18 23:52 | トルコ | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 10日

遅くなりましたが、トルコ前半です。

まず、トルコへ向かう途中の電車。

今まで乗った電車の中で一番豪華な寝台列車だった。
c0146526_16394413.jpg



ドウバヤズット

イランとトルコの国境にあるアララト山と小アララト。
あの、ノアの箱舟が降り立った山らしい。
c0146526_16422289.jpg



サフランボル

こぢんまりとしていい感じの町だった。
c0146526_16441139.jpg
c0146526_16442430.jpg
c0146526_16444575.jpg
c0146526_1645257.jpg
c0146526_1645161.jpg



イスタンブール

c0146526_16455331.jpg
c0146526_16461659.jpg
c0146526_1646333.jpg



日本で屋台で出したらウケると思う。クンピル。
c0146526_1647473.jpg

[PR]

by aya-papaya | 2013-01-10 16:49 | トルコ | Trackback | Comments(0)