notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ボツワナ( 3 )


2016年 07月 07日

ボツワナ後半。

エレファントサンズロッジからナタまでの道でヒッチハイクしたトラックのドライバー。

道端に落ちてたゾウのウンコを拾ってお持ち帰り。

赤ちゃんに使う薬になるらしい!!

何をどうするのかもっと詳しく聞いとけばよかったなー。


ナタからバスに乗って、プラネットバオバブで途中下車して1泊。

バオバブの木に囲まれて1泊です。
c0146526_19031869.jpeg
c0146526_19035176.jpeg
バオバブも色んな種類があるけど、これ、なんか石みたい。
c0146526_19041698.jpeg


ワタシのテントと動物シリーズ、無理やりの第4弾。
c0146526_19043958.jpeg


バオバブと星空を撮りたかったんだけど、バオバブはライトアップされてしまうので、うまく撮れず。

なので星だけ。
c0146526_19045880.jpeg


プラネットバオバブからはまたヒッチハイク。

160キロで飛ばしてくれたトラックドライバー。

親切にマウンの町の中心まで送ってくれた。


マウンでは噂のモコロツアー。

相方が見つからず、一人でキャンプは嫌だったから、1泊2日ではなく日帰りで。


マウンの町からスピードボートでモコロステーションのある村まで。

モコロに乗り換えてオカバンゴデルタを静かにゆっくり進んでいく。
c0146526_19055334.jpeg
c0146526_19065074.jpeg
運悪く、なぜかウチだけ待たされ出発が出遅れ、他の人たちはもう行っちゃったのにーとか思ったけど、逆に周りに誰もいなかったおかげで、ホントに静かな中、自分の乗ってるモコロしか周りに居なく、モコロの進むチャプチャプって音と、あとは風の音と鳥の鳴き声ぐらいしか聞こえず、なんとも素敵な世界でした。

キレイな鳥がいたり。
c0146526_19051836.jpeg

カバがいると、そぉ〜っとなるべく音を立てないように通り過ぎ。
c0146526_19062043.jpeg

島に上陸して、ウォーキングサファリ。

噂には聞いてたけど、このウォーキングサファリのドキドキ感と言ったらもう。

滅多に現れないらしいけど、ライオンが出てきたっておかしくない場所を、歩いてるっていう感覚はなんとも言えない。

車に乗って見るのとは全然違う。

サバンナの草食動物はいつもこんな緊張感の中で生きてるのかと思うとすごい。

キョロキョロ周りを注意深く見ながら動物を探してくれる、モコロ漕ぎ兼ガイドを信じるしかない。

ありがたい事に危険な動物には出会わず、ヌーとシマウマ。
c0146526_19071266.jpeg
c0146526_19073562.jpeg
あとはアンテロープと、水の中のカバぐらいでした。

ゾウの糞を追ってゾウを探したけど見つからず。


出来れば動物に会いたくないサファリ、なかなか面白いです。


ガイドが見つけてくれたイボイノシシの骨。
c0146526_19075756.jpeg

日帰りだったけどかなり満足でした。


川の真ん前の宿からの朝焼けと夕焼けは毎日ステキで、かなり気に入ったマウン。
c0146526_19081938.jpeg

移住してる白人が多いのもわかる。


結局マウンには3泊して、ハンツィに移動。

ハンツィで目星を付けてた宿のキャンプサイトがいっぱいで、探し回って見つけたゲストハウス、交渉して3000円弱。

バスタブ付き、タオルも石鹸もシャンプーもあって、ポット、コーヒー付き、使ってないけどテレビもエアコンも付いてwifiサクサク、かなりラグジュアリーな感じだったので、たまには贅沢もいいかと思って開き直った。

翌朝早朝のバスで国境に向かい、ボツワナさようなら、こんにちはナミビアです。


ボツワナ良かったなー。

なんも調べてなくてノーマークだったけど、行ってみたら、人もものすごく親切でフレンドリーで、なんか日本人っぽいなって感じるぐらい、グイグイ来ることもなく、スーパーのお惣菜は安くて美味しいし、ヒッチハイクはカンタンに捕まるし、テント持ってれば安く泊まれるし、かなりヒット!!



シマウマが国のシンボル。
c0146526_03290953.jpeg
白と黒がキレイに調和しているという意味。

ホントは初代大統領の奥さんが白人だったからって理由なんだけどね、ってガイドは教えてくれたけど、それでもそれをジョークにできてしまうこの国の雰囲気がいい。

そしてPulaは雨って意味。

生き物にとって命の水。

そして通貨もPula。

なんか良くない、お値段100雨です、って(笑)。



また行きたい!!と思える国でした。

[PR]

by aya-papaya | 2016-07-07 18:33 | ボツワナ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 01日

エレファントサンズロッジのススメ。

c0146526_01005871.jpeg
c0146526_00582193.jpeg
c0146526_01012994.jpeg
c0146526_00592401.jpeg
c0146526_00595733.jpeg
c0146526_00585321.jpeg


ゾウ。ゾウ。ゾウ。

ゾウが集まる水飲み場にロッジ建てちゃいましたっていうエレファントサンズロッジ。

ゾウが近い!!

この距離!!
c0146526_00373625.jpeg


そして5メートル先でこっちガン見されるとかなり怖い。

何度も冷や汗かいた。

目の前でケンカ始められた時のこっちのドキドキったらもう!
c0146526_01002854.jpeg

c0146526_00572334.jpeg
c0146526_00565273.jpeg
c0146526_00560915.jpeg
めっちゃ写真撮りまくった。

数枚に絞れないのでもういっぱい載っけちゃう。

c0146526_00501427.jpeg
c0146526_00492405.jpeg
c0146526_00394222.jpeg
c0146526_00480251.jpeg
c0146526_00390260.jpeg
c0146526_00383035.jpeg
c0146526_00380330.jpeg


いやーすごかった。

近くで見るとやっぱりデカイね。

サファリで遠くから見てると、アジアゾウとそんなに変わんなくない?って思ってたけど、間近で見ると半端なくデカイ!


1日中ほぼ途切れることなく現れる野生のゾウたちを、ただ1日中間近で見るだけ。

贅沢。

はい、延泊です。

食料多めに持って行って良かったー。

1泊で移動するつもりだったけど、ギリギリ2泊分もった。

レストラン高いからね。

でもやっぱり缶詰とパンを美味しそうに食べてるウチを横目でちらっと見て通り過ぎるのはやめて欲しいよね。

2日間ひたすらゾウです。

ゾウまみれです。


ゾウと星。

c0146526_01020100.jpeg
c0146526_00530859.jpeg

ゾウ、じっとしててくれないからね。

夜はデカさが2割り増しに見える。


朝焼けとゾウ。

すごい分かりにくいけど、吐く息が白くて。



ワタシのテントと動物シリーズ第3弾。

ワタシのテントとゾウ!!

c0146526_01053492.jpeg


別にゾウが一番好きじゃなかったけど、ここに泊まってひたすらゾウを眺めてると、ゾウが好きなんですって言いたくなる。

むしろゾウが一番好きじゃなきゃダメなんだって気持ちにすらなってくる。

こんなのもいました。

c0146526_01050013.jpeg


ヒッチハイクするために宿の人にチェックポイントまで送ってもらう途中にキリン!



2日前には豹がいたらしい。


柵すらないキャンプサイト、ワイルドです。

エレファントサンズロッジ、超オススメです!!!


1週間ぐらいひたすらゾウを見ていたかった。

[PR]

by aya-papaya | 2016-07-01 14:38 | ボツワナ | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 30日

四つ星ホテル。

アフリカ縦断日本人バックパッカーの超定番、チョベサファリロッジ。

四つ星ホテルだけどキャンプサイトがあってテントが張れる。

テント持ってれば四つ星ホテルに1000円以下で泊まれる。

テント泊だけども、寝るとき以外は四つ星ホテルのサービスが受けられる。


このキャンプサイト、決して貧乏バックパッカーのためにあるわけではなく、キャンピングカーなんかでボツワナを旅行する、主にお金持ってる南アフリカ人たち用のキャンプサイト。

だからみんな設備がとっても豪華よ。

お金かかってますもん。

移動式別荘みたいなもんよね。

うらやましい限りです。

盛大にバーベキューとかしちゃってね。

スーパーで買ったお惣菜とパンを食べてるウチを可哀想な目で見るのはやめて欲しいけどね。


各キャンプエリアにコンセントはあるし、ホットシャワーは水圧温度共にパーフェクトだし、トイレも綺麗だし、洗面所おしゃれだし、スタッフもお上品な感じだし、さすが四つ星です。

お金払えばこんなレストランでビュッフェも頂けます。



ロビーではwifiサクサク。



イボさんたちはそこらじゅうにいるし、サルもいるし、マングースもいるし。

c0146526_23450690.jpeg
c0146526_23454656.jpeg
c0146526_23461531.jpeg


食料気をつけないと、サルに取られるとこだったわ。


バーからはゾウも肉眼で見えるしね。

夕焼けもステキに見えるし。



ホテル敷地内ではみなかったけど、実際時々来るらしい。


ワタシのテントと動物シリーズ、ルサカのウサギに続いて第2弾。

ワタシのテントとチョベブッシュバック(たしかそんな名前だった)。


みてこのつぶらな瞳。




そして午後には3時間のボートサファリ!

これまた3000円以下で行けちゃう、素晴らしいコストパフォーマンス。

ケニアなんて国立公園入場料だけで$80じゃんね。

ボツワナはチョベの3時間ボートクルーズで3000円以下だからね。


ボートから見れる動物は限られるけど、それでも陸からとはまた違った視点で見られるから良し。

c0146526_22393887.jpeg
c0146526_22441040.jpeg
c0146526_22433699.jpeg
c0146526_22444995.jpeg
c0146526_22453510.jpeg
c0146526_22485384.jpeg
c0146526_22522165.jpeg
c0146526_22532932.jpeg
c0146526_23062462.jpeg
ベストショット!!




夕日を見て終わり。

c0146526_23220085.jpeg
c0146526_23223386.jpeg

うん、満足。


1泊の予定だったけど、居心地よくて延泊です。


カサネの町はとくに何もないけど静かでいい。

イボ渋滞が起こったり。

c0146526_23365512.jpeg

この2匹、しばらく道路で格闘してたわ。


なんかすごい頑張ったね!って褒めてあげたい看板があったり。



カサネ、超快適、静か、そして周りは野生動物たちに囲まれてる。

スーパーもあってお惣菜コーナー充実してるし、居心地良し。


[PR]

by aya-papaya | 2016-06-30 23:55 | ボツワナ | Trackback | Comments(0)