notes from my travels

papaya.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 14日

マチュピチュ。

遠い遠い存在だったマチュピチュが目前に迫り、ここにたどり着くまでにあまりにも長い年月がかかったせいで、とうとうマチュピチュが見れる!けど10年もかかってたどり着いたのに、こんなに気軽に行ってしまってもいいんだろうか、更には、南米のハイライトの一つであるマチュピチュに、南米に着いて早々こんな早くに行ってしまってもいいもんだろうか、とよくわからない悩みがものすごい勢いで湧いてきたものの、ここまで来て行かないという選択肢があるわけも無く、必要以上にドキドキしながら行ってきた。

もちろんブルジョアな旅行者御用達のめっちゃ高いけど3時間だかで着く電車は使わず、貧乏旅行者御用達の7時間山道バス➕2時間半徒歩コース。

10分の1くらいの値段で行けるからね。

それに、歩いてマチュピチュの麓まで行くってなんかロマンがあるじゃん。

マチュピチュを発見した探検家気分を妄想しながら歩くなんて楽しすぎでしょ。


これが、日本人の間では「スタンドバイミーロード」と呼ばれる、線路沿いを10キロ歩く道。

スタート地点。


橋を渡ったり、たまに通る電車を避けたり、気分はスタンドバイミー。

探してるのは死体じゃ無くてマチュピチュ!
c0146526_01460363.jpeg

マチュピチュの周りをぐるっと歩くから、歩き始めてすぐに、山の上にそれらしき石積みが見えてテンション上がりまくる。



あっと言う間の2時間半。

マチュピチュの麓のマチュピチュ村に到着。

翌日のマチュピチュ遺跡までの片道バスのチケットを買って初日終了。



マチュピチュ村から遺跡までは歩いても行けるんだけど、急な階段を3時間近く登らなきゃいけないらしい。

かなりキツイから、片道だけでもバスで行った方がいいよという先人のアドバイスもあり、マチュピチュからさらにマチュピチュ山を登る予定のウチは、片道$12とびっくりするほど高いけど、おとなしく行きだけはバスに乗ることにした。


6時オープンのマチュピチュに合わせ、翌朝朝ごはんを食べて、5時半に出発。

丁度6時頃に遺跡入り口に着き、トイレを済ませて入場。

遺跡の中にはトイレないからね。

ペットボトル持ち込み禁止って言われたから、真面目に水筒一本で来たのに、全然ペットボトル持ち込めるじゃん…。

食べ物持ち込み禁止だけど、クラッカーだけカバンに忍ばせた。


7時からのマチュピチュ山のチケットを買ったので、遺跡内にあるマチュピチュ山の登山口をまず目指す。

が、道を間違え、サンゲートと呼ばれる場所への道を進んでいたらしい。途中で間違ってることに気づき引き返す。

最初の入り口ゲートから15分もあれば着くはずだったマチュピチュ山の登山口に、約1時間かかり、無駄な体力を消費しながらなんとか7時過ぎに登山口に到着。

名簿に記入し、頂上まで1時間半の登山。


階段。


ひたすら階段。


ずっと階段登り。


しかも下界は霧でマチュピチュなーんにも見えないし。

でもとりあえず登る。



汗だくになりながら山頂到着。


登ってる途中に少しだけ霧は晴れてきたものの、遺跡はまだ完全に隠れてる。


でもちょっとしたら霧が晴れ始めて。


マチュピチュ御開帳。

c0146526_01532779.jpeg
c0146526_01542165.jpeg
c0146526_01555576.jpeg
絶景。

マチュピチュとワイナピチュ、そしてそれをぐるっと取り囲む川。

歩いた道の全景も見渡せるし。

隠し持ってきたおやつで少し腹ごしらえして、ただひたすらぼーっと景色を眺める。

なんかこの景色だけで十分満足しちゃえるくらい絶景。

ワイナピチュを登る方が人気で、そっちはかなり前もって予約しないとチケット取れないけど、それに比べて、前日でも問題無くチケット取れちゃうマチュピチュ山。

なんでそんなに人気がないのかわからないマチュピチュ山。

絶景ですけど!!!と世界中の人に伝えたい。

マチュピチュ山絶賛オススメ中です!!!


1時間ほどひたすら景色を眺めて下山。

遺跡は後回しにして、さっき間違えて途中まで行っちゃったサンゲートに向かう。

以外と遠くて1時間かかった。


でもいろんな角度からマチュピチュを眺めるのは楽しい。


カッコいいスズメがいたからシャッターチャンスを狙っていたら、お尻を向けてプリッとウンチをした直後に、何見てんだよ、と睨まれた。


マチュピチュ村からバスで登ってきたジグザグ道。


6時から12時まで登ったり降りたりいっぱい歩いて、最近運動不足だったせいもあり、けっこう足にきてたから、行きバス使って大正解だった。

これ足で登ってたら死んでたなー。


行けるとこは全部行こうと、まだメインは置いといて外側から攻めていく。

インカブリッジってのが地図に載ってたからそこに向かう。
c0146526_02034606.jpeg

そしたら雨降ってきた。

迷った挙句に引き返す。


足も疲れたし、お腹も空いたし、水ももう飲みきってしまった。そしてトイレにも行きたい。

ウチが買ったマチュピチュのチケットは朝6時から昼の12時までに入場しなきゃいけないチケットだったんだけど、12時までなら一度外に出てトイレに行ってまた戻ることもできたんだろうけど、サンゲートに行った時点で12時過ぎてたから、もう外に出たら再入場できない。

もういいや、と、メインの建物群に向かう。


リャマが放牧されてて面白い。

c0146526_02031224.jpeg

よくもまあこんなとこにこんな建物作ったよね。

c0146526_02051038.jpeg
c0146526_02060324.jpeg
c0146526_02070864.jpeg
c0146526_02084229.jpeg


時々、団体の英語ガイドの説明を盗み聞きしながらも、結局メインの建物群は駆け足で通り抜け、マチュピチュ観光終了。

まー朝の6時から2時まで、よく粘ったと思う。


朝一すごい行列だったトイレが、昼過ぎには並ばずに入れて助かった。

ただでさえ高いチケット買って来てるのにトイレが有料なのはどうかと思うけど。


空腹が最高潮に達したけど村に降りるまで安いご飯はないのでもうちょっと我慢。

下りはバスを使わず足で。

下り始めて30分もしないうちに半泣きでバスに乗れば良かったと後悔したけど時既に遅し。

すでに疲労困憊だった足はもうガクガク。

一段一段断裁の高い石の階段を、もう制御する力も残ってないので、ガクッと崩れ落ちないように気力を振り絞り、1時間半かけて降りたのでした。

その後3日間ぐらいの筋肉痛の酷さはご想像にお任せします。


次の日、久しぶりにゆっくり起きてゆっくり朝ごはんを食べ、午前中はマチュピチュ村をウロウロしてからまた、2時間半かけてスタンドバイミーロードを戻ります。

c0146526_02100809.jpeg
c0146526_02104312.jpeg

そこから7時間バスに揺られ、クスコに帰ってきました。


マチュピチュ、想像してたよりショボかったとかよく聞くけど、ウチ的にはめっちゃ良かったよ。

マチュピチュ山からの景色がやっぱ一番良かった。


[PR]

by aya-papaya | 2017-12-14 05:20 | ペルー | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 09日

南米スタート。

とうとう南米に来た。ついに。ようやく。

日本から西回りで旅を始めて、一体どんだけかかってたどり着いたんだウチは(爆)。

なかなか感慨深い。

なんだか旅の終わりがなんとなく遠くのほうにうっすらと見えてきた気がする。

気がするだけかもしれない(笑)。


朝の2時にペルーの首都リマの空港について、南米初夜は空港泊。

ベンチすらない。

冷たい床で熟睡。

相変わらずな旅。


朝起きて、空港から2時間かけてローカルバスで宿まで向かう。

タクシーで、渋滞がなければ20分で着く距離らしい(笑)。

ま、150円くらいで2時間市内観光と思えば悪くない。


リマはとりあえず5泊。

せっかくの日本人宿なのに他にお客さんいなくて貸切状態とか、これもよくある話(笑)。

いいの。

NHK見ながら情報ノート見て、サクサクwifiでゆったり情報収集。


初めての南米。

実際どこまでホントに治安が悪いのかさっぱりわからない。

場所によっては、カバンからカメラを出すと、ここではやめた方がいいよ、と近くにいたおじさんとかが教えてくれる。

そんな地元の親切な人たちの忠告を聞きながら、とりあえず何事も無く過ごせた。

ま、なので治安のいいとこの写真しかない。


発展途上国特有のガヤガヤ、ラテンの色遣い、ヨーロッパ調の建物や教会。

c0146526_01311256.jpeg
c0146526_01314777.jpeg
c0146526_01332836.jpeg

壁画全般好きなウチには嬉しい、アートな町バランコ。

c0146526_01342361.jpeg
c0146526_01345127.jpeg
c0146526_01351343.jpeg


カナダでの野菜不足を自炊で補い、なかなか充実したリマでした。



次はバスでイカという町に。

「カ」にアクセントじゃ無くて、「イ」にアクセントね。烏賊じゃないからね。


夕方に着いて、目星つけてた宿に行ったら満室…。

歩き回ってようやく見つけた宿は出来立てホヤホヤ、看板も何も無く、インターフォン越しにスペイン語しか通じない中どうにか話をつけ泊まる事ができた。

またもや貸切。

快適。

オーナー夫婦も親切でうちのテキトー単語羅列のスペイン語をノリで理解してくれた。

と思う。

スペイン語、本気で勉強しなきゃなー。


翌日、ワカチナというオアシスに向かう。

イカの街からタクシーで10分。

いきなり現れる砂漠とオアシス。



サンドバギーとかサンドボードとかのアクティビティが人気らしいけど、もちろんそういうものに一切興味のないウチは、オアシスに一泊してみたかっただけ。

昼間に一度、自力で登れるとこまで砂丘を登ってみるも、暑いししんどいし、風強くて砂痛いしカメラ出せないし、早々に退散。


宿で読書に励み、夕方になるのを待つ。


夕方、涼しくなってきてからまた砂丘を登って夕焼け→星空鑑賞。

オアシスの光が明るすぎてうまく写真撮れなかった。


寒くなってきたから退散。


翌日イカに戻って、小さいけどわりと見ごたえのあるイカのミュージアムに寄ってから、ナスカに向かう。

ナスカ行きのバスに乗って、地上絵のとこにあるミラドールで途中下車。

展望台登ってナスカの地上絵鑑賞。

セスナは高いからもともと乗る気なかったし、なんならナスカ寄らなくてもいっかと思ってたんだけど、ミラドールから地上絵見るのもなかなかオツで、意外とかなり満足。


来て良かった。

地上絵ほんの一部だけど見れて良かった。

何の目的で?何でこんなとこに?どうやって?なんて考えるのは楽しいもんです。

小一時間ほどぼーっと地上絵を眺め、警備員さんみたいな人が、ナスカ行きのバスを停めてくれたので、それに乗り込んでナスカの町へ。

クスコ行きの夜行バスの時間まで時間を潰して、いざクスコへ。

4000メートルを何度か超えつつバス酔いと高山病にダブルで撃沈し、死ぬかと思いながらもどうにか標高3400メートルのクスコに到着しました。

c0146526_01380384.jpeg

[PR]

by aya-papaya | 2017-12-09 02:30 | ペルー | Trackback | Comments(0)